失恋

ノベルバユーザー371233

失恋をしました

これはある高校を卒業した男の話である。
その男の名前は修哉と言う男で、その男は就職をしせっせと働き者の男の子であった。
修哉は高校の時から好きな子がいました。その子の名前は花と言う子です。
修哉「どうにかしてあの子と付き合えないかなぁ〜。高校卒業してから結構遊ぶようになって、その子と日帰りの旅行もしたのに何の進展も無いって俺が悪いのかな?」

と修哉はいつも思っていました。
花「実話私には彼氏が居て修哉には色々貢いで貰ってるってわかるわけないよねあんな顔も服装も髪型も全部ダメダメな男!爆笑」

花は顔は可愛いが性格は本当のクズでしかないのでした。でも、修哉はそんな事も知らず2年以上好きで片思いをしています。
修哉は頑張って仕事をしお金を貯め、花の為に色々とプレゼントや手紙を出していました。
修哉「俺ってもてあそばれてんのかな?何か良く分からんくなってきた。こんなに仕事頑張ってお金貯めて花ちゃんの為に色々プレゼントしたりもしたのに何で振り向いてくれないんだろ…
あ、花ちゃんだちょっと話しかけよ!花ちゃーん!」
花「あ、修哉君!どうしたの?」
修哉「いや、今日さ暇があったらカラオケでも行って遊ばない?ちょうど高校はテストも終わって暇でしょ?」
花「良いけど、花お金持ってないよ?それでも良いならカラオケ行くけどさ!」
修哉「分かった!お金は俺が出すからカラオケ行こ!」

そして、修哉と花はカラオケに行くことになった。
修哉は花とカラオケに行けて楽しそうだがこの後の出来事に衝撃を受け立ち直れなくなるのです…

「失恋」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く