話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

史上最強の魔法剣士、Fランク冒険者に転生する ~剣聖と魔帝、2つの前世を持った男の英雄譚~

柑橘ゆすら

怪鳥


 それから。
 
 偶然にも通りがかりの冒険者を捕まえた俺は、焚き木の前で色々と男の話を聞くことにした。


「へえ。ということは、逃げたくて、逃げ回っていたわけじゃなかったんだな」

「当たり前だろ! 普通はそうさ! 他にどんな理由があるっていうんだ?」

「スキルの獲得条件を満たすため、とか」

「ああん? お前さん、何を言っているんだ? スキルっていうのは、そんな簡単に獲得できるもんじゃねーだろ。普通は何年も修行して、ようやく覚えられるもんさ」


 そうだったのか。

 やはり俺が簡単にスキルを習得できるのは、《前世の記憶》のおかげだったらしい

 未だによく思い出すことができないのだが、前世の自分に感謝だな。


「……その様子だと本当に何も知らねえみたいだな。お前さん、一体何者だ? オレはもう10年は冒険者をやっているが、アンタみてぇな強い魔法を使えるやつは初めて会ったぜ」


 そうか。知らなかった。

 この世界で、俺の魔法は強い部類に入るのか。

 どうにもこの世界の強さの基準が分からないな。


「ところで、どうして、こんな夜道をうろついていたんだ?」

「うぐっ。オ、オレだって、好きでこんなところにいるんじゃねーぞ! ハメれらたのさ!」


 悔しそうに唇を噛んだパンチョは、今に至るまでの過程について説明を始める。

 曰く。

 冒険者パンチョは、ザックという男に雇われたパーティーの荷物持ちだったらしい。

 パンチョとしてはそれなりに信頼関係を築いていたつもりだったらしいのだが、強敵に出会った瞬間、ザックの態度は急変。

 パーティーが生き延びるための『囮役』として、その場に残されて、捨てられてしまったという。


「それでよ~。命からがら、逃げ回っている最中にこうして日が暮れちまったというわけさ」


 なるほど。
パンチョの言葉から推測するに、ここから街までの距離は、そう離れているわけではなさそうだ。

 この男の案内があれば、明日の午前までには人のいる街にまで到着できそうだな。


「なあ。ところで、言いにくいんだが。その、強いモンスターっていうのは、アイツのことか?」


 先程から気になって仕方がないのは、俺たちを遥か上空から見下ろしながらも涎を垂らしているモンスターであった。


 コカトリス 等級B


 そこにいたのは、体長3メートルを優に超えようかという巨大な鳥のモンスターであった

「史上最強の魔法剣士、Fランク冒険者に転生する ~剣聖と魔帝、2つの前世を持った男の英雄譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く