話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

史上最強の魔法剣士、Fランク冒険者に転生する ~剣聖と魔帝、2つの前世を持った男の英雄譚~

柑橘ゆすら

火魔法



 日が暮れて、夜になった。

 現在、俺が何をやっているのかというと、摩擦熱を利用した火起こしである。

 前世の記憶を頼りに見様見真似で挑戦してみたのだが、これが酷く難しかった。

 木の板の上に小さな木を押し付けて、ゴシゴシと押し付ける。

 途中に何度か『惜しい』と思うことはあったが、なかなか火が起こるという段階には至らない。

 とにかく俺は根気良く、地道に作業を続けてみることにした。


 ボッ!


 おっ。今、一瞬、火の光が見えたような気がするぞ。

 その後も同じような要領で、試行錯誤を重ねながらも挑戦してみる。


「おおー」


 作戦成功だ。
 
 燃え上がった火はたちどころに周囲に置いた枯れ葉を移り、大きな火を作り出すことになった。
 

【スキル:火魔法(初級)を獲得しました】

【スキル:火魔法(中級)を獲得しました】

【スキル:火魔法(上級)を獲得しました】


 ステータス画面を確認すると、火属性魔法のスキルを一気に獲得していた。

 苦労した甲斐もあってか、一気に上級まで上げることができたみたいだ。


「キュー?」


 おつかいに行かせていたライムが、薪を持って帰ってきた。


「助かったよ。お前も食うか? これ?」

「キュー!」


 せっかく火がついたので、ゴブリンの巣窟から拝借してきた干し肉を炙って食べてみる。

 うん。うまい。

 ゴブリンたちの作った干し肉はお世辞にも旨いものではなかったが、これなら食べられそうである。


「キュー! キュー!」


 炙った干し肉がそんなに気に入ったのか、ライムも何時も以上に旨そうに干し肉を齧っていた。


「うわあああああああああ! こ、こっちに来るなああああああ!」


 異変が起きたのは、のんびりと夕飯を食べていた時のことであった。

 その時、俺の視界に入ってきたのは、モンスターに追い掛け回されている1人の男の姿であった。

「史上最強の魔法剣士、Fランク冒険者に転生する ~剣聖と魔帝、2つの前世を持った男の英雄譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く