話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

史上最強の魔法剣士、Fランク冒険者に転生する ~剣聖と魔帝、2つの前世を持った男の英雄譚~

柑橘ゆすら

ゴブリンの城



 目が覚めた。

 ここは何処だろう。

 暗い。真っ暗だ。

 息苦しさを感じた俺は、目の前のガレキをどかして、光の刺す方向に向かっていく。

 ふむ。

 どうやら俺の体は眠っている間に地面の中に埋まっていたらしい。

 ん? そう言えば俺は誰だ?

 何のためにここで眠っていたんだろう?

 いまいち、思い出すことができない。
 
 手始めに俺は、近くにあった水たまりを覗き込んで、自分の顔を確認してみる。


「……そうか。思い出した」


 どうやら《前世の記憶》の一部を取り戻すことができたようである。

 俺は戦いばかりの人生に疲れて、《転生の魔石》を使ったんだった。

 だが、他に目ぼしい情報は何も得ることができない。

 とりあえず、今、思い出せる情報はここまでのようだった。

 足りていない情報は、そのうち思い出せそうな気がする。

 さて。

 無事に転生したのは良いが、どうしたものだろう。

 まず、ここが何処なのかを明確にする必要がありそうだ。

 建物のようだが、人が住んでいるような痕跡が見当たらない。

 おそらく、昔は人の家だったが、廃墟となってしまっているのだろう。


「何者だ! 貴様!」


 声のした方に視線を移すと、そこにいたのは体長2メートル近い緑色のモンスターであった。


 ゴブリンロード 等級B


なんだか強そうなモンスターである。

勝てるのか? 俺が?

いや、この状況は勝たなければ、即座にゲームオーバーだよな。

なんとかしなければ、非常にまずい状況である。


「「「キキッー!」」」


 ゴブリンエリート 等級D

 ゴブリン 等級E


 ふむ。
 
 どうやら俺の敵は、先程の強そうなゴブリン1匹だけではないようだ。

 時間が経過するごとに俺の周りには、体長1メートルくらいの小型のゴブリンたちが集まってきていた。

 なるほど。

 どうやら俺が眠っていたこの廃墟は、ゴブリンたちの根城だったらしい。


「史上最強の魔法剣士、Fランク冒険者に転生する ~剣聖と魔帝、2つの前世を持った男の英雄譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く