話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

史上最強の魔法剣士、Fランク冒険者に転生する ~剣聖と魔帝、2つの前世を持った男の英雄譚~

柑橘ゆすら

最強っていうのは退屈だ




「この、化物め……」


 深淵ダンジョンの99階にて。
 満身創痍のダメージを負った、邪神アスタロスは俺のことを見下ろしながらもそう言った。


「ハハッ……。化物ねえ……」


 思わず、乾いた笑みを零してしまう。
 邪神アスタロスは、史上最凶にして、災厄の『深部ダンジョン』に潜む、最上級のモンスターである。

 体内に埋め込まれた数千本の触手は、見るものを畏怖させる外見だった。

 まさか人類にとっての恐怖の象徴である邪神様に『化物』呼ばわりされる日が来るとは思ってもみなかった。


「答えろ。ここに来た目的はなんだ。何故ゆえ、我らの同胞を手にかける!?」

「別に何も。特に理由はないが」


 悲しいな。

 もしかしたらアンタならば、俺の気持ちを分かってくれると思っていたんだがな……。

 圧倒的な力というのは時に底知れない孤独を生み出すものである。
 
 邪神と呼ばれ、人々から恐れられるアンタならば、『化物』と呼ばれ、遠ざけられる俺と分かり合えると思っていたのだけどな。


「くたばれ! 化物があああ!」


 満身創痍の邪神アルタロスは触手を伸ばして、最後の攻撃に移る。


「来世で会おうぜ。親友」


 たぶんこれが俺の人生の中の最後の戦いとなるだろう。

 俺は敵の攻撃を躱して、手にした魔剣で邪神の体を2つに引き裂いた。

 ジュクリッ。

 邪神の体には鋭い斬線が走り、紫色の体液が噴き出した。


「グギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」


 断末魔を残した邪神アスタロスは、光の粒子になって空気の中に消えていく。


 転生の魔石 等級 SSS
(使用者の肉体を別人として生まれ変わらせる魔石) 


 代わりに現れたのは、長年に渡り俺が探し求めていたアイテムである。

 長かった。
これで俺に首輪をつけて飼いならしていた連中たちから、ようやく解放されることになるのだな。

 こうして俺は遥か未来の世界に転生を遂げるのだった。


「史上最強の魔法剣士、Fランク冒険者に転生する ~剣聖と魔帝、2つの前世を持った男の英雄譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く