ポケモンダンジョン 緑と黄色の護り神

ハンバーグ

第2話"決戦ニル2" 「倒す秘策」

クレイトス「この前置き 必要なのかね?」

ミント「作者が 描きたがってるから 終わらないと思うよ」

ライト「やはり 主人公キャラが メタ発言キャラ化していますね この小説」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ブラキュレ「邪魔臭い 纏メテ始末シてヤる "こごえるせかい"」

レシラム「"クロスフレイム"」

ブラキュレ「無駄だ返セル物か」

レシラム「抑えきれない 備えろ!!!」

効果はバツグンだ!

レモン「うぅ 痛すぎる..よ..」

クレイトス「木の実持ちでこの威力あいつ 半端じゃない」

ライト「このままでは本当にミント君が言っていた通り全滅してしまいますね」

ラピス「あいつはどこに行ったんだ?」

ブラキュレ「何処ニ行こうと貴様らの敗北ハ既に決マッタのだもう一度あの技ヲ打つノミ」

ミント「そうはさせないよ!ブラキュレ!!」

ブラキュレ「いつの間に我の裏に回り込んだ?」

ラピス「透明化して回り込んでたのか」

ミント「食らえ!これが俺の最終奥義だ!零距離"ラスターパージ"!!!」

ブラキュレ「グォォォォ」

ラピス「?待てよ あの技って中心に近いほどダメージが上がるんだよな?」

レシラム「だからこそ"その特性"を活かしたのだ」

クレイトス「下手すりゃあいつ終わるぞ?!」

レモン「なんで止めなかったの!!」

レシラム「"妹に言えば拒否されるから"と言っていたからだ」

ミント「はぁ...はぁ...どうだ  効いたか化け物」

ブラキュレ「効くじゃねえカ その技 気に入っタゾ」

ミント「もう..一発」

レモン「お兄ちゃん これ以上やったら死んじゃうよ」

ライト「大人しくしていて下さい」

レラピス「まだどうやってゼクロムを助け出すかも分かってない。このまま行けば助け出すことが 出来なくなるかもしれないんだぞ」

ブラキュレ「まだソンな事を夢見てたノカ哀れな奴ヨ」

クレイトス「でも 考えてる間に こっちがやられちゃうかもね」

レシラム「ゼクロム!!! 聞こえているんだろ? 今お前を助けるからな
もう少し我慢してくれ」

ライト「どうするんです? 何か方法でも?」

レシラム「奴を...全力で叩く!!!」


「ポケモンダンジョン 緑と黄色の護り神」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く