魔法男子は、最強の神様に愛されてチートの力を手に入れた件について

ピタゴラス

シベリア防衛(4)


「アイランドパトロールシベリア支部保安部は、確かキャリアですよね」
「えぇ キャリア組が部長務めるところよ」
「軍務部や法務部とかもキャリア組が部長を務める場合が多くて、私たちみたいなノンキャリア組が就任するのは、潤くんの推薦が強いかったからね」
「実力派が次々とキャリアよりも上のクラスに就任することが増えたのは、潤くんのおかげかもね」
「潤くんのようなイレギュラーな存在がいて、私たち実力派幹部が増えて、元々のキャリア組は、内務省とかに出向っていう形で、八名国に移動されてるのは、実力が無いから」
「法務部は、まだキャリア組が部長を務めてるけどな」
「私も、実力でここに来てるんで、私も感謝しなきゃな」
そこに、大型の戦車が現れた。
「誰に感謝だって?」
「え??誰の声ですか?」
「やっと来たか 白馬の王子様が」
「そんなもんかね 僕って」
「やっと来たか 潤くんと生徒諸君、」
「とりあえず、この司令部に部隊を集めて、」
「ガラリフ・シンジケートがディザードと交戦中のと、結界の一部に亀裂がはいって、一時的なバリアは張ってる状態だけどどうする?」
この場合、2つの選択肢がある。
1つ目は、魔法結界を張り直す
2つ目は、ガラリフ・シンジケートと共闘または支援攻撃をしてる間に、魔法結界を一層増やすかの2択である。



「ガラリフ・シンジケートとの共闘は、難しいやろうな」
「そうだね 支援攻撃をしてる間に、魔法結界を一層増やす方が良いだろうね」
「一層増やすだけにどれぐらい時間がかかるの?」
「10分~15分ぐらいかな」
「夏姫先生、私たち生徒組はどうすればいいですか?」
「私たちは、この戦車内からの支援攻撃とガラリフ・シンジケートが攻撃してきた時の応戦する」
「それともう一つは、潤くんが、魔法結界を一層増やす間のディザードの足止め役をアイランドパトロール隊員とともにやる それがあなたたち生徒組の仕事になる」



「怪我とかしたら、前線からの即時離脱が、ルールとなるよ」
「潤くんたち、アイランドパトロールシベリア支部の隊員と日本支部、八名国アイランドパトロール本部主力部隊隊員との合同演習になるんですよね? じゃあ私たちもディザード討伐もやりたいです!!!!」
「しかし…」
「いいんじゃないかな 」
「エレナ大将 しかし、危険な行為を容認するのは学園の先生として認めるわけにいきません…でも…」
「本音は、連れていきたいけど怪我だけならまだしも死んだら学園の先生として責任を取らされるのね」
「潤くんに悲しい別れをさせる訳にはいかないのですよ 先生として、実の姉として」



「え? 実の姉って」
「私は、潤くんのお姉ちゃんなのです まぁ物心着いた頃には、四十崎家に引き取られていましたけどね」
「四十崎家のみんなは優しくていつもニコニコしてて、両親を亡くした私は、弟と妹がいるって言うことは、10歳になった時に言われました 嬉しかったですよ 死んだと思っていたあの子たち3人が生きていること 本家に引き取られて順調に育てられていることに だから、私は誓ったんです 二度と悲しませない…二度と悲しい思いをさせる訳にはいかないんだってね」
「その事は、潤くんには、知らせてないわね」
「分かってるわよ そんなの 私たちだって長くいたからあの子のために」
「生徒諸君、この話は、女の子の秘密として大事にしまっておくこと、私たちの前でこの子たちを死なせたり、怪我させたりなんてさせない いや、させるものか!!!」
「アイランドパトロール学科の生徒は、遠距離、中距離、接近戦担当にそれぞれ得意分野に分かれて、遠距離担当は、戦車内の狙撃室から潤くんの援護」
「中距離、接近戦担当は、戦車外に出て、部隊司令部の防衛とディザードの一掃を行うわよ」
「魔法学園の生徒たちも部隊司令部の防衛とディザードの一掃を行うわよ 全員持ち場に着いた頃には、潤くんが、魔法結界を一層追加させる」
「それでいいかしら? 潤くん」
「ラジャー もう持ち場にいるから援護よろしく」



各部隊が持ち場に着き始めたその時、ディザードが、一斉に動き始めた。
「ガラリフ・シンジケートが殺られたみたい」
「一斉に動き出した 」
「まだ持ち場に着けてないけど、着けた子たちは、援護 持ち場に着けてない子たちは急いで」
エレナ大将率いる主力部隊は、足止め役として、一斉攻撃を始め、時間稼ぎをしつつも、潤がいる近くまで部隊を配置した。
「一応、潤くんの近くにも部隊を配備したわよ」
「OK ディザードが動き出したのは、やはり、ガラリフ・シンジケートの戦闘員が殺られたことで、ガラリフ・シンジケートの部隊が壊滅したようだな」




「遠距離射撃部隊からの報告によるとディザードの数が減ってきてはいるらしい」
「意外と、数は、少ないのかも?」
「結界を増やしたからだよ」
「潤くん、早かったね あれ?もう10分たったのか」
「あっという間だったな」
「私たちの勝利ね やったー」
「よし、あとは、亀裂部を埋めるように結界を張り直しておいたからこれでアルファが暴れても硬くなったから亀裂が入ることは無いと思う。」
「OK じゃあ戻ろうか」

戦闘シーンは、回想として、いつか出てくると思います。ていうか、戦闘シーンが思いつかなかったです。






「魔法男子は、最強の神様に愛されてチートの力を手に入れた件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く