魔法男子は、最強の神様に愛されてチートの力を手に入れた件について

ピタゴラス

シベリア防衛戦(3)


クラス全員が船に乗り動き出した頃、潤は副長官である立花礼華に会うため、日本本土保全庁副長官室を訪れていた
「コンコン 僕だよ 日本本土保全担当大臣兼高度科学技術省大臣の更屋敷潤だよ いる?」
「返事がありませんね 留守なのですね」
「お風呂タイムかな 少し待つか」
「日本本土保全庁の大まかな説明をしておこうかな」
「日本本土保全庁は、日本本土及び沖縄、伊豆大島、北方領土、樺太、シベリアを管理、ヨーロッパにいるディザードの監視とアイランドパトロールシベリア支部と自衛隊合同による討伐や生態調査、自治行政の管理など行ってる庁で
八名島にある内務省とは別に公安局があり、沖縄県独立運動戦線やイタリア系麻薬シンジケートのガラリフ・シンジケートなどを監視してる」
「沖縄県独立運動戦線は今じゃほとんど活動してないのです 更屋敷に恩義を感じる穏健派が離脱し始めて解散したそうなのです」


「さすが、世界の更屋敷やね」
「まぁ元々、独立運動自体に反対する人が8割以上もいたことも関係してるけどね」
「日本本土保全庁公安局と内務省公安局の両方から監視はされてるんだけどね」
内務省公安局は、自衛隊やアイランドパトロールの思想調査や監視、周辺地域や島内の諸団体
国際的テロ組織イスラム過激派や麻薬シンジケート、違法薬物の密輸入などの監視を行っている
「さて、ここのことも話したし、ついでに内務省のことも話したし、そろそろ出てきたらどうなのかな? 内務省公安局外事部部長日下部要くさかべかなめ
「バレていましたか さすが、潤さんって言った所でしょうか?」
「日下部は、内務省公安局外事部部長で、周辺地域の監視と周辺地域の情報収集、情報分析を行う部署のトップであり、今回の同行者でもある」
「どういうことなの?」
「その件については、私から 昨晩、ロシアンコミュニティに入ったシベリア支部の第三部隊が行方不明だった公安局員の八坂真弓やさかまゆみ警部補を保護したらしくたまたま日本にいた私と日本本土保全庁ディザード対策局対策部部長の榎本賢えのもとたかしが同行することになったのです」
「外事部部長がたまたまねぇ?」
「いや えへへ(汗) 」
そう話してる時に、副長官である立花礼華が戻ってきた


「遅いお戻りで」
「くぁwせdrftgyふじこlp」
言葉にならないぐらい動揺していた礼華は、訳の分からない言葉を発していた
「いや(汗) そんなに驚かなくても」
「あぁー ごめんなさい ごめんなさい てっきり午後に来るもんかと思ってたのでお風呂に」
「まぁいいよ とりあえずあのバカ長官も来てくれると嬉しいんだがな」
「まだ来れないかもしれませんね 日本自治委員会副委員長人事で代表理事と特別理事と長官が対立してて、元副委員長を副委員長にしたい長官派と顧問委員を副委員長にしたい特別理事と自分を副委員長にして欲しい代表理事の対立で委員会が予定よりも2時間遅れてます」
「なるほど それで玉井佳子たまいよしこ自治行政担当審議官と海部智洋かいふともひろ公安局公安部管理官がいないわけか」


「どういうこと?」
「日本自治委員会の委員長は長官で、委員長の下に2人の副委員長と4人の筆頭理事、同人の代表理事、6人の顧問委員、10人の委員の27人で構成されていて、筆頭理事の1人と委員の1人が玉井さんと海部さんなんです」
「なるほどね 」
「ちなみに海部は、公安局公安部管理官(裏の管理官)を務めているエリート だけど出世欲が無くて今の階級のままで定年まで行くつもりらしいけどね」
「それはそれで色んなところから顧問になって欲しいって要請が来そうな気がしますね」


「一応あの件については、長官には伝えてあります 委員会が今日中に終われば、日本本土保全庁長官からの許可がおりる予定ですよ」
「分かった じゃあこのことは、理事長に報告しておくからDROとアイランドパトロール本部に伝えておいてね」
「分かりました」
「榎本は、どうする? これから旧本家に行くけど」
「私は、長官に会わないと行けないので行けません すいません」
「分かった じゃあまた明日」
そうして、日本本土保全庁を後にしていく更屋敷潤は、すぐ近くにある旧本家に向けて車で向かっていた
 

「あの外事の人 たまたまじゃないよね 潤くん」
「うん そうだろうね  普通に内務省大臣である新納友保にいろともやすの命令かもしくはおじいちゃんの命令かな」
「なんで外事部部長さんを送ってきたのですか?」
「外事部には、特別部隊があって旧アメリカ陸軍が僕に対して何らかのアプローチをかけてくることを懸念けねんしてるんだろうね」



「それはないとは思うけど内務省公安局が動いてるって言うことは、シベリアにも公安局の幹部と部員がいるんだろうな」
車の中で話してる更屋敷潤がまだかまだかと待ちぼうけているエレナとラレリーナ、井上和彩たちは、魔法結界に亀裂きれつが入ってから3時間ほど経っていたそんな瞬間とき、亀裂が徐々に広がりつつあることがわかった
しかも、ディザードの大群がオランダに上陸し、ロシア側に向けて進行してることもわかったのである
そんな絶望的状況の中でエレナは余裕の表情をしていた というより、何かワクワクしているようにも見えた


「意外と早かったな 亀裂が広がるのが」
「そうやな エレナの予想通りやな でも、余裕なんやろ? 潤くんがいなくても」
「その通り、でも防衛戦力が約4000弱 シベリア支部と日本の沖縄防衛支局からの援軍を合わせても約6000弱ぐらいやろ だとしたら、1ヶ月は維持出来ると私は思うけどどう思う?」
「出来るはずやで 私たち2人がいれば」
「さて、やりますか!!」
伊勢よく声上げて奮起するシベリア防衛線 


一方、魔法結界に亀裂きれつが入り、広がっていることが報告された
「うーん 思ったよりも早かったか あそこの原子力発電所が爆発したかな」
「あんな所に原子力発電所があったのですか?」
「あぁ 元々、サハ共和国っていうロシア連邦の構成主体の一つがあって、石油や天然ガスとかが取れる地域で、前の調査で原子力発電所が何個か確認してたけど稼働していなかったはずなんだが」
「イタリア系麻薬シンジケートのガラリフ・シンジケートが近くの発電所を制圧したと発表してましたが、もしかしてね?」


「そこの原子力発電所は、稼働できないことは確認済みだよ」
「多分、ハカス共和国とアルタイ共和国にあった原子力発電所を稼働させた可能性が高いね」
「そこは、ロシアンコミュニティが拠点にしていたディザード要塞戦近くだったからいつでも稼働できるように準備されていたからです」
「つまり、魔法結界ギリギリ入っていた2つの旧国の原子力発電所を稼働させ、麻薬を大量生産していたのね 多分、固体に加工して密輸してたはずよ」
「予想通りだとすれば、公安局外事部と保健省公衆衛生局違法薬物及び激薬物取締部、自然災害及びディザード対策庁が動いてるだろうし安心ちゃ安心かな」
ガラリフ・シンジケートのメンバーにはイスラム過激派組織アルカイダや十字軍に対する聖戦のための国際イスラム戦線、ウズベキスタン・イスラム運動、東トルキスタンイスラム運動などなどの国際的テロ組織を中心にシナロア・カルテル、メデジン・カルテル、テキサス・シンジケートも加わり、大規模な麻薬密輸やテロ、政治家の暗殺などを行う組織として内務省公安局、日本本土保全庁公安局、オーストラリア特別自治領公安警察庁から監視されている


「この話については、DROのディザード対策委員会と自然災害及びディザード対策庁に任せよう」
「僕たちは、とりあえずシベリアに向けて準備しないとね クラスのみんなも旧本家に集合で」
さてさて、まだまだつかないシベリアへの道のりはここから険しくなっていくのだった

ちょっとだけロシア連邦について軽く解説します
ロシア連邦の構成主体は、22カ国あり、世界最大の領土面積をもつが人口は1億3939万人と思ったよりもいない  ここに書かれている全ての国は、物語上、重要になってくるので覚えておいてくださいね
アディゲ共和国
アルタイ共和国
バシコルトスタン共和国 
ブリヤート共和国
ダゲスタン共和国
イングーシ共和国
カバルダ・バルカル共和国
カルムイク共和国
カラチャイ・チェルケス共和国
カレリア共和国
コミ共和国
マリ・エル共和国
モルドヴィア共和国
サハ共和国(ヤクート共和国)(アイランドパトロールシベリア支部がある所)
北オセチア共和国
タタールスタン共和国
トゥヴァ共和国
ウドムルト共和国
ハカス共和国
チェチェン共和国
チュヴァシ共和国
クリミア共和国(ウクライナ崩壊後、ウクライナ人の難民が大量に集まって来ることになる)
ロシア連邦崩壊後、ロシア人やイタリア人、フランス人、ドイツ人など様々な人種の人が日本に集まってくることになります





「魔法男子は、最強の神様に愛されてチートの力を手に入れた件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く