魔法男子は、最強の神様に愛されてチートの力を手に入れた件について

ピタゴラス

シベリア防衛戦編(1)


保健室に着いた潤たちは、中にいる悠里と渚に事情を説明して、理事長を呼んでもらった。
「いや、おばあちゃんおはよう まぁ変な奴がいるけど」
「そうね 確かに本校の生徒ではない人間がいるわね」
「あっそうだった ごめんなさいー」
「全くもう 来るなら連絡しなさい まぁ潤ちゃんに合わせなかったのに」
怒ってらっしゃると思う一条三姉妹であった。
「えー トホホなのですー 」
「まぁいいわ 何しに来たの?魔法結界の維持、管理はどうしたの?」
「それが…魔法結界近くに大量のディザードが来ているのです そして、シベリアにあるアイランドパトロールの支部が対応してるのですが、数が増えてるのです」


(やはり、そうか アメリカ大陸から泳いで着てるやつか うーん)
「本部長 険しい顔してどうしたんですか?」
「2か月前、アイランドパトロール本部のレーダーにたくさんのディザードが移動してるのが確認されている それが関係してると考えると…」
「それって確かアメリカ大陸からたくさんのディザードが…まさか」
「うん そのまさかだと考えるとアルファがなんで魔法結界に触れた理由が分かるんだよね」
たくさんのディザードが、旧イギリス、旧ドイツ、旧エジプト、旧南アフリカの4カ国に上陸したのが確認されていることが夏姫から説明された。この情報は、佐官と将官クラスの幹部にしか公開されていないものだった。


「それは、アルファがもうすでにディザード化して、暴れ回ってるから魔法結界に当たってしまい、傷ついた その血を飲んだ、浴びたディザードが、凶暴化 それから逃げるためにたくさんのディザードが避難してきてると考えると辻褄が合うんだよね」
「たくさんのディザードが避難してくるのは、やはり、それだけ魔法力があるって言うことでしょ?」
「うん、魔法結界に集まってきてるのは、魔法結界の一部が薄くなったからだと思う 僕が疲労で倒れたせいで修復に行けなかったから」
魔法結界には異常な程の魔力があると錯覚させるものもあり、それが薄くなり、興味津々のディザードが集まりつつあると考えられた。


「どうするかは、おばあちゃんにも分かるよね 」
「それは分かるけどでも、まだ完全ではないんでしょ 」
「それは確かになのです 一応エレナ大将とラレリーナ大将の2人が維持してるから大丈夫なのです」
「エレナなら大丈夫か でも、魔法結界が破られても緊急事態に備えてもう一つ張ってはあるんだけどね」
そう言って潤は、ベットの上で眠りについた。
「おやすみ」とおばあちゃんは言うと、理事長室で続きを話すことに


「ここが理事長室ですか 綺麗な部屋なのです」
「あなた達は、今から編入生として2組のクラスに入りなさい そして合同演習に付き合いなさい」
「え? それはどういう事ですか? 1年生を合同演習に参加させるおつもりですか!!」
「えぇ これは、幼等部、小等部以外の中等部、高等部、大学部の学生とアイランドパトロール本部による合同演習を行うことを潤ちゃんが言ったのよ」
潤が元々計画していたのは、アイランドパトロール本部の主力部隊と更屋敷ナデシコ魔法学園、八名学院アイランドパトロール学科の生徒たち、大学部の学生との合同演習によって、ディザードの生態と変わりつつある生態系を観察することだったが、アルファの出現、魔法結界の異常、旧アメリカ陸軍が動いたことなどの様々な要因から潤本人からの説明が出来なかったのである。
「なるほど そういう事か 」
「なるほど でも、野外学習って2年生からじゃ?」
「いえ、この件についてはDROの学園運営委員会の承諾は得てるわ 」
「だとしても、アイランドパトロールの主力部隊全部隊は、動かせないはずです それに、何かあったらどうするんですか?」


アイランドパトロールの主力部隊は、約4000とそこそこ多いが、日本、八名島と八名島周辺の小島、オーストラリア、シベリア、アラスカの防衛などで多忙なため、全部隊は、動かせないのだ
「もし、何かあれば、私が全責任を取って夏姫ちゃん あなたにこの学園の理事長になってもらいます」
「えーーー 理事会が反発されるのでは?」
「理事会の筆頭理事とこの学園の副理事長は、宇都宮絵里うつのみやえりちゃんと南雲五十鈴なぐもいすずちゃんだから大丈夫よ」
衝撃の事実 この学園には副理事長がいたなんて…
「五十鈴ちゃんここの副理事長だったんですか! びっくりしましたよ 」
「まぁたまにしか来ないから幻の副理事長とも呼ばれているわね  明日から合同演習の訓練と準備をします よろしいですね」
「分かりました 早速、クラスのみんなに知らせないと」

そう言って夏姫が理事長室から出ていくと、2人の男女が理事長室に入ってきた。
「こんにちは DRO学園運営委員会副委員長のアランドと理事の南龍寺有咲なんりゅうじありさです」
「来たみたいね 」
「DROとしては、今回の合同演習の参加には賛同しかねますが、潤くんが計画したものなら賛成するしかないじゃない(うふふ)」
さすが、ショタコンと思う一条三姉妹であった。
「私とアランドの2人も合同演習に参加することで学園運営委員会は、納得出来たものの、旧アメリカ陸軍が動いてることからDROのディザード対策委員会の理事と副委員長が参加することになりました」
「ディザード対策委員会が副委員長を出すとはさすが、潤ちゃんの弟子ね」
「そう言えば、そうでしたね マギサズ統括本部新兵訓練局局長時代の生徒さんだったとか」


マギサズ統括本部とアイランドパトロール本部は、共同で新兵の訓練と実戦を兼ねたシベリア合宿を行っていた
「潤ちゃんが訓練局局長時代では新兵の質がめちゃくちゃ良くなったから今の大体の幹部クラスは、潤ちゃんの弟子よ」
「それは初耳なのです 」
「当たり前よ 当時まだ10歳の子供に大人が教えられてるなんてアイランドパトロールのメンツに関わるから将官クラス以下には隠されてるのよ」
そうこうしてるうちにディザード対策委員会副委員長と理事が到着した。
そこには、小代雪野おだいゆきの神野千尋かみのちひろが現れた。
「こんにちは お久しぶりです 智恵お祖母様」
「こんにちは お久しぶりですね 潤くんにも挨拶しなきゃね」
「潤くんなら保健室で寝てるんで今は…ちょっと」
悠里がそう言うと、雪野がなんで保健室で寝ているのかを尋ねた。


「それは、過労で倒れてしまったからです 」
「なるほど 今回の件で忙しくしていたからかな 可哀想に」
「それもそれで、看病してあげたいなー よし、保健室に向かおう」
そう千尋は言うと、理事長室から出て廊下を走り去ってしまった。
「あっ…言ってしまった 全く自分勝手な子なんだから」
「雪野さんは、千尋さんと長い付き合いなんですか?」
「うん、生まれた時の幼馴染だからね 昔っからあの子は、潤くんを振り回してばかりいるけど本当の弟みたいに思ってるのよ」
昔からたくさんの女性と暮らしていた潤は、もみくちゃにも、体を触られるのも慣れていた。
だが、未だに慣れてない所がある。 それは…
くすぐられることである。


それを知ってか知らぬか、千尋は、保健室のベットに寝ている潤の脇腹をこちょこちょしようとしていた
「スヤスヤしてるところ悪いけど早く来てもらわないといけないから起こす!!」
こちょ こちょ こちょ こちょと脇腹をくすぐったが、反応は無くなんでだ?と思っている時、後ろから「何やってるのかな?」と聞き覚えがある声が聞こえた。
「なんで寝てないのさ!!」
「そりゃもちろん お前が学園の魔法結界に触れたからに決まってるやろ?」
「しまった!! 」
「さて、どうして欲しいかな?」
「いや そのー」
それが彼女の最後の言葉だった。全身ぐるぐる巻きにされ、保健室のベットに乗せられていた。


「あらあら バレていたのね」
うーん うーんとガムテープで口を塞がれて何を言ってるのか分からない千尋であった。


「いや 元気だった? 雪野さん」
「えー まぁー この状況には驚いてるけど」
「ん? あぁこいつならこのままで死なないから大丈夫でしょ」
辛辣しんらつな言葉と共に放置された千尋であった。
さて、シベリアに向かう準備をしている他のクラスメイトたちは、そんな騒動があることは露知らず、下着やズボン、シャツ、魔法銃などなどをキャリーバッグに詰め込んでいた。
「シベリアってめちゃくちゃ暑いんでしょ 薄着と厚着両方持っていかないといけないよね」
今現在のロシア連邦は、地球温暖化の影響と熱い気候を好むディザードの魔法によってウラル連邦管区、シベリア連邦管区、極東連邦管区の3つの管区は、平均最高気温80℃ 平均最低気温-90℃と異常な気温差になっている
それ以外の連邦管区は、核の影響でほとんど荒廃し、一部地域が消し飛んでいる状態なのである。


旧中国と旧モンゴル、旧ネパール、旧ブータンは、一部を除くほとんどが消滅 その一部島にアイランドパトロールの支部があり、ロシアンコミュニティーと呼ばれる自警団組織も存在している。
更屋敷ナデシコ魔法学園と八名学院アイランドパトロール学科の生徒たちは、そこに集合することに決まり、1年、2年、3年1組と1年、2年、3年2組の6クラスとアイランドパトロール学科の1年、2年、3年1組と1年、2年、3年2組の6クラス 合わせて12クラスが1班 同じく3組と4組の6クラスとアイランドパトロール学科の3組、4組の合わせて12クラスが2班の約3456名がシベリア担当になったのだ。


旧アメリカには神様が向かうことになった 生徒の安全面での配慮と旧アメリカ陸軍との交戦がある可能性が高いからだ
旧イギリス、旧ドイツには5組と6組が旧エジプト、旧南アフリカには、7組と8組がそれぞれアイランドパトロールの主力部隊と共に上陸し、調査を行うことに 
学校側の実質的責任者は、夏姫が、全部隊の最高司令官は、更屋敷潤に依存されることなった。


シベリアには、エレナ大将とラレリーナ大将の2人が魔法結界を維持し、ディザードの侵攻を抑えていた。
「しかし、私たち2人しかいないとはねぇ 本部も何やってんだか」
「仕方がないさ ゴミ(旧アメリカ陸軍)掃除に忙しいんやろうな」
「まぁもうすぐ、潤上級元帥がアイランドパトロールの一部主力部隊を引き連れてこちらに来るそうだし、ゆったりとやるかね」
ディザードの数は約20万ちょいほど もし、魔法結界が破れたら、1人10万を相手取って戦わねばならなかった。


「維持出来るとしたら約5ヶ月ぐらいかね」
「うちなら約1年ぐらいは維持できるやろうな」
「あんたと私とでは、魔法力が約4~5倍違うからな」
たわいのない話をしてるうちに、支部の第一部隊と第二部隊が到着した。
「あら、援軍だね」
「こんばん 私は、井上和彩いのうえかずさ少将です 一応、援軍にいけと支部長から言われてきました」
「そうなの それは嬉しいわね 2人じゃ寂しいし、ディザードは、まだ攻撃しては来ないけどいつ来るか分からない状況よ」


シベリア連邦管区アイランドパトロール支部支部長のアドラー・ベッキー・シェラー元帥は、支部内のディザード対策評議会に参加しており、動けなかったため、井上少将に援軍として派遣したという経緯いきさつがある
「そうですか 一応対ディザード用特殊弾と魔法銃、戦車、装甲車なども準備してあるんでいつでも私は、OKですよ」
そう楽しそうに和彩は言っていた 周りの部下たちは、呆れていたが、着々と準備し始めたその瞬間ときだった 魔法結界に少し亀裂きれつが入り始めた音が聞こえたのだ


「あれは、やばいですよね?」
「そうだね あれはやばいね なんで亀裂きれつが?」
「どうやら、近くにあった原子力発電所にディザード集まり、エネルギーを食べようとして爆発を起こしたようやな」
「まだ原子力発電所が残ってたなんて…知らなかった」
「まぁ田舎やからなね 中々、ロシアンコミュニティーでも来ないのさ」
ロシアンコミュニティーは、ウラル連邦管区あたりに拠点を構えていたが、ディザードの侵攻と異常気象、放射能汚染、食糧不足などでシベリア連邦管区または極東連邦管区に拠点を移し替えていた。


「近くには、ロシアンコミュニティーの拠点の一つがあるからここで食い止めねば行けないと 結構、めんどくさい事になったね」
「そうですね まぁ予想の範疇はんちゅうですけどね」
次回、シベリア防衛戦(2)













「魔法男子は、最強の神様に愛されてチートの力を手に入れた件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く