話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法男子は、最強の神様に愛されてチートの力を手に入れた件について

ピタゴラス

プロローグ


僕が産まれる前の出来事
僕が生まれるずーっと昔の話 35年前のこと 日本の各地で60代以下の女性が異能の力に目覚めるという事件が起きた。日本政府は、異能の力を魔法、異能の力に目覚めた女性のことをマギサズと呼称した。そのマギサズの中からネコ耳やうさ耳などが生えるものやエルフのような見た目の不思議な子供も同時に生まれるようになった。



マギサズのことを科学や医学など様々な学術的調査を行ったものの原因は分からず、6年の歳月が流れたある日、地面から突然 特定災害異世界生物群ディザスターハザードクリーチャーズ 通称 ディザードがアメリカなどの核保有国を中心に80カ国同時多発にたくさん現れて、瞬く間に国が蹂躙され、 わずかの生存者とその時国にいなかった人は助かったのである。



ここまででわずか1年の出来事
もちろん、通常兵器で抵抗したり、ミサイルを撃ってみたりとしてみたが、一部のディザード以外は全く効かなかった。ディザードは、小型、中型、大型、超大型の4種類分けられ、小型のディザードは通常兵器でも対処可能だったが中型、大型、超大型には対処不可能だということが分かり、大量破壊兵器の使用する国も多少なりとも検討する国も増えた。
もちろん日本国内でもあずま内閣主導で、核兵器の使用などが検討されるも、与党の自由共和党や連立を組む
民主党などからの批判、国民からの反対によって日本は、
ディザード対策庁の設置と自衛隊に対ディザード部隊の編成などの政策がとられた。

その結果、未曾有みぞう大惨事だいさんじにより国も人種も問わない世界統一政府が樹立される。各国の連合軍による大量破壊兵器使用によって一時的ではあるがディザードの侵攻を遅らせることに成功した。(ディザードの攻撃とディザードに落とした大量破壊兵器の爆風により都市が崩壊する二次被害が起きたことも含める。)



だが…この作戦には代償も大きく、世界総人口の約90億人の3分の2以上である(約68億人)と中国大陸から東南アジアまでの地域を失い、大量破壊兵器の使用による損害は計り知れず、大陸の支配権をディザードへと渡す結果となってしまった。
日本以外の国は滅び、オーストラリアの一部地域と日本本土と世界中のマギサズが作った八名島と600もの小島、アラスカでしか住むことも生きることもさえ出来なくなってしまった。世界統一政府と日本政府は解体となり、更屋敷財閥と日本政府とDROの主導の元で八名島自治政府が樹立されることになる。



日本本土にいた国民の9割(75000万人)は八名島移住し、残りの1割(16000万人)は本土に残って暮らしている。
八名島には、約20億人 日本本土とオーストラリアに約1億人が住んでいる。


その2年後には幼小中高大の特別一貫校でマギサズ専用教育機関である更屋敷ナデシコ魔法学園と普通の男女共学の特別一貫校である更屋敷八名学院がある。
そして世界各国にいるはずの生存者の救出と使えそうな物資の確保、マギサズの保護などを目的とした特別偵察師団の編成された。
特別偵察師団の活躍により数多くのマギサズは救出されたが、普通の人が救出されることは稀であった。



そんな過酷な世界に身を置かれて未成年の子供達も働く世の中になってから26年の歳月が経った今でもディザードは、人類の脅威であったが、八名島と600の小島、日本本土は、未だに安全ではあった。
更屋敷ナデシコ魔法学園の中高大の生徒会役員と大学学生総会役員と実力が認められた生徒から構成されるナデシコ特別部隊が存在するからだ。



さて、この物語は、残酷な場面やラッキースケベなどなどの表現があります。ご了承の程よろしくお願いします。また、初めてハーレム系を書くので拙いかもしれません!!
では、長々としたプロローグを完結して本編へ



僕、更屋敷潤さらやしきじゅんは、日本本土で一人暮らししていたんだけど…おばあちゃんに八名島へ来るようにと言われた。
「八名島か 意外と近かったんだなぁ」
「そうだね 潤たん 」
この人(?) いや この方は、日本の最高神である天照大御神あまてらすおおみかみ様で、何故か僕を愛してくれている神様 僕以外は、はっきりとした姿は見えないらしい…両親、妹などの血縁者は、辛うじて見える程度で、どうやら魔法量が違うから見にくいんだとか
そんなことはさておいて、女の子に絡んでいる奴がいる。



「ねぇねぇ、そこのお姉ちゃん、俺たちと遊ばない」
「いやだね なんであんた達なんかと遊ばないといけないの… それに…」
男達は、結構強引に手を引っ張ろうとしていた。
「いいじゃん 俺たちといい事しようぜ グヘヘ」
「キャー 何するのよ 変態」
「あのー 何やってるんですか?あなた達」
僕が男達の後ろから声をかけて後ろを向いている隙に男達と絡まれている女の子の前に割り込んだ。
急に現れたかっこいい男の子に助けられて顔が赤くなる絡まれた女の子であった。
「なんだガキ 俺たちの邪魔じゃますんじゃねぇよ」
「私の潤たんにガキ呼ばわりとは消すぞこら」
「女の子が嫌がってる行為してる方がイケないでしょ。」
神様の声は魔法量がある程度高くないと聞こえないから相手は無視してる。


男の一人がメンチをきってきた。
「おれたちの邪魔をした事後悔させてやる」
「ねぇ大丈夫なの? 」
すごく心配そうに女の子が見ていたが、アイコンタクトで「大丈夫だよ」とした。
女の子は、少しドキドキしていた。
「あの子、潤たんに惚れたんじゃ?」
男は、右ストレートのパンチを繰り出してきたが、あまりにも遅かったので避けられた。
「何? 俺のパンチを避けるとは小癪こしゃくなガキがぁ」
「僕は、ガキだけどあんたよりはモラルありますよ」
耳元でこう言って挑発してみた「雑魚が生きがってるんじゃないですよ」満面の笑みで煽ってみたら、案の定、突っ込んできた。



そのまま突っ込めばさすがに大怪我だけでは済まないので、仕方なく魔法の力を使った。
水の魔法アクアマジック水網アクアフィレ
男の目の前に蜘蛛の巣のような水の網が出来て威力を和らげることに成功した。そして、その女の子も周りの男達も驚いて固まっていた。
まぁ無理もない男が魔法を使えるなんてこの世界では有り得ない話なのだから。
沈黙を破るかのように女の子が話しかけてきた。
「ねぇ、あなたは一体何者なの?」
「僕は、更屋敷潤 更屋敷財閥総裁の孫でありマギサズだよ」



その子は驚いた様子だったが名前を教えてくれた。「私は、有馬楓花ありまふうか 有馬自動車社長令嬢よ…」
「そうなんだ 有馬自動車か 一回だけ行ったことあるよ」
笑顔で答えてる途中に殴りかかってきた男の仲間が割り込んできた。
「お前まさか…あの更屋敷家じゃないよな?」
「そうだけど?」
男が青ざめた顔で土下座し始めた。
「申し訳ございませんでした!!!どうかディザードのエサにはしないでください!!!」



土下座し始めた男の仲間も土下座し一通り謝罪した後で絡まれた楓花に許すか聞いてみた。
「楓花さん、どうする?許すか許さないか 」
「うーんどうしようかなー?ふふっ」
意地悪な笑顔して男達を見つめていた楓花だったが満面の笑みで「今度やったら餌にするわよ?」
と無邪気に言った。
男達は、謝りながらその場から走って逃げて行った。
「あー スッキリした。」
「僕は、普通の人からはどう思われてるのかね たく」



さすがにこの件で懲りただろうし、僕は部屋に戻ることにした。
「楓花さん 僕は、もう戻るね 部屋番号教えた方がいい?」
「えっ?… 部屋番号はいいかな おやすみなさい」
私のバカバカバカと思っている楓花だった。
「おやすみなさい 」
自分の部屋に戻り、シャワーを浴びて寝る準備をした。
「あの子、潤たんに惚れたかもね」
「まさかー でも、可愛かったから少し嬉しいかな」
「浮気は許さないわよ ふーん」
「浮気って」苦笑いを浮かべながら、お風呂から上がってパジャマに着替えた。




おばあちゃんから電話が来た。
「はい、おばあちゃん何?」
「今どこら辺かい 船酔いになってないよね?」
「今は、旧八丈島あたりだよ あと5時間ぐらいかな 船酔いにもなってないよ 」
おばあちゃんとおじいちゃんは、すっごく過保護だが、意思は尊重してくれるし、高度科学技術省大臣兼日本本土保全担当大臣と日本本土のマギサズ統括本部長っていう役職を与えてくれた。(形上の役職ではなく、しっかりとした権力を持つ)
そこだけは担当大臣はともかく統括本部長の任はイマイチ理解出来なかったが、自衛隊も警察も動かしし放題だったから楽だったけどね。



そこはいいとして 今回の帰還要請は多分、進学のことだろう。
「潤くんは、進学するつもりは無いかい?」
「うーん 悩んでるんだよね 実際、大学以上の学力はあるし、魔法も使える 進学するかはそっちに帰ってから決めようかなと思うよ。」
「そうかい 進学するつもりなら私が理事長をやっている学校の入試を受けて欲しいんだけどいいかな?」
ウトウトしながら「分かった 眠たくなってきたから寝るね おやすみなさい」そのまま寝落ちしてしまった潤であった。



翌朝の八時に八名本島に到着 潤は停泊中の八名本島に上陸していた。
「懐かしいな八名本島 何年ぶりだろう」
「そうだね 5年ぶりかな」
5年ぶりの八名本島は、何も変わってはいなかった
だけど男の人の姿が見当たらなかった。
不思議なぐらい男の気配がなく僕一人のようにも感じられた。
「しかし、男の人の気配が無いなんて不思議なこともあるんだね。アマラちゃん」
潤は天照大御神様のことをアマラちゃんと呼ぶ(呼ばないと怒る)
「そうだね。おばあちゃんが迎えに来てくれるまでのんびり待ってようか」



港の近くにある高台に向かった。その高台は、屋成市やなりし市街の風景が一望出来るところで待つことにした。
「いい風景だね アマラちゃん」
「感動だわ 意外と街並みも綺麗に整備されてていいわね」
「そらそうさ おじいちゃんが街並みの整備を進めているんだからね」
僕のおじいちゃんは、八名島自治政府首相でありDROの長官を務めている。街並みの整備に力を入れている。
「もうそろそろ、お迎えが到着する頃かな」
「潤たん 誰か付けてきてる」
「僕も気づいてはいたけど手を出してこないし放っておこう」



尾行は3人か 女子高生ぽいけどなんで僕を尾行しているんだ?
「ちっ 尾行に気づかれたようだな」
3人の女の子が現れた。
「そこの君、この区域は、男性が入っては行けないところだ 直ちに出ていきなさい」
「出て行かない場合は、力づくでも排除しますよ?」
不思議な女子高生達の方には、学園風紀委員と書かれたタスキを付けていた。
「船から降りた時にはそんなこと言われてませんけどそれに僕は、もうすぐお迎えが来るので少々お待ちになってはいかがですか?」
「うるさい さっさと出て行きなさい。」
風紀委員って言うことは、おばあちゃんの学校に通ってる子達かな



「しかし、可愛いパンツ履いてるね」
「キャー 何するんのよ この変態」
風紀委員の女の子は、平手打ちをくらわそうと振り上げた。そんな時、おばあちゃんの車が到着した。
「そんな所で何をしてる?潤ちゃん」
「えっ? 理事長先生 えっ?なんで??」
「いやおばあちゃん この子達に絡まれてた」
風紀委員の女の子二人は、驚いていたが、なんとなくだが察したようだった。
さてさて、次回は、更屋敷ナデシコ魔法学園の入試だよ

「魔法男子は、最強の神様に愛されてチートの力を手に入れた件について」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー372248

    最初から設定が細かくて面白いと思います

    0
コメントを書く