幽夢〜ある日突然幽霊が見えるようになったら〜

にゃみおち

第5夜

「あの…嫌な予感して、
見てもらっていいですか。」

少し見てもらった。

すると現在六人に

取り憑かれているようだ。

一人以外は傷をつけてこない

らしい

そして塾内を回らされ、

幽霊を見つける作業

をさせられた。

見つけたが、

また鳥の霊だそうだ。

何と今回はスズメだそうだ。

ずっと頭に乗ってるらしい。

そこまで見えたらいいなと思い、

光しか見えないからいいなと

考えていた時だった。

キィィン

金属音が鳴り響いた。

「急いで!」
と言われ理解ができないまま、

歩こうとすると、

キィィンキィィン

ドッッ ︎ ︎

またの金属音と

窓ガラスの叩かれるような音

と共に先生は…

硬直していた。

「遅かったか…」

口は動くようだ。

「今金縛りにあってる。」

「もたれられている」

と言っていた。

どうしたら

そんな冷静で居られるんだよ…

カレンダーのとこ来て
と言われ行き、
「6日押して
11日押して
今日の日付の
18日押して」

「今日20ですよ」

「え。まぁ18で。」

言われたとおりに押すと

いきなり先生が動き出した。

どういう原理かはわからないが

解けたようだ。

「あれが悪霊ですか?」

と聞くと、

「ううん。普通の幽霊。」

「普通のは目立つように
音立ててくる。
反対に悪霊は気づいたら
横にいるから厄介なんだよねー。
怖い怖い」

と言っていた…

初めて人の幽霊見た…

まぁ
見えてはいなかったんだけどね。

どちらかといえば
音を聞いたっていうのかな?

まぁ生きていくうちに
見えるようには
なるだろうけど。






「幽夢〜ある日突然幽霊が見えるようになったら〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く