話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

お悩み相談部!

あまひき まつり

一章いつもの日常

 十月というのは季節の変わり目だ。
 窓から見える木々も葉を紅葉色に染め上げる。
 学校生活において放課後という言葉には不思議な魅力がある。
 部室でいつも同じことをしているだけだというのに霞んだ日常が華やかになる。
 かくいう俺もそんな代わり映えのない放課後を今日も過ごしていた。
「せーんぱーい。漫画とってくださいよ」
 俺のまえで炬燵に身体を突っ込み顔だけ覗かせている少女が夕日のような色の髪をだらしなく床へと垂らしながら、炬燵から少し離れた位置にある棚を指差す。
「うるせえ、昼間夜ひかんや 。先輩をこき使おうとするな」
「ええー、いいじゃないですか?可愛い後輩の些細なお願いを聞いてくれても。ねえ?先輩もそう思いますよね?」
 仔犬のように元気な声で俺の左に視線をおくる。
 後輩から肯定を求められた緋野静流ひのしずるが困った顔でこちらを見る。
「必ずしも同意し兼ねますが、在原くん。それぐらいいいんじゃないですか」
 いいながらもぞもぞもぞと炬燵の奥深くに身体を這いずらせる。
「おめえら単に炬燵から出たくないだけだろ」
 仕方なしに漫画を取りに炬燵から出ようとしたが、結局、俺が炬燵から出ることはなかった。
 なぜならーー都合よく使えるやつが訪れたからだ。
 部室の扉がバーン!と勢いよく開かれる。
「みっなさーん☆さいかわなアイドル。斉川唯さいかわゆいが来ましたよー!」
 今日も変わらぬハイテンション。左右でまとめられた髪が楽しそうにぴょこぴょこと揺れている。
「斉川、そこの漫画とっくれ」
 目線だけで合図を送ると、斉川はじっと俺を見返してくる。
「なんです、いきなり!?」
 不服そうに悪態をつきながらも言われた通りに棚から漫画を持って来てくれる。
 斉川から漫画を受け取るとそれを昼間夜に渡す。
「ほれ、ご所望の漫画だ」
「ありがとうございます」
 斉川が意外な顔を向けてくる。
「あれ在原さんが読むんじゃなかったんですか?」
「いや、読まんけど」
「まさか……私、後輩にパシられました!?」
「結果的にそうなるな」
 斉川が炬燵にもぞもぞ入ってくる。
「はふう……炬燵ってやっぱりあったかいですね」
「おい、パシられたことはもういいのか?」
「可愛い後輩ですし別にいいですよ。妹に欲しいくらいです」
 にやにやと斉川が昼間夜を見る。
「ひっ、せんぱい。助けてください!なんだかヘビに睨まれたカエルです」
 昼間夜が助けを求めてくるが、
「自業自得だわ」
 冷ややかにそう返す。斉川の目がヤバイ目になっていた。アイドルがしちゃだめな目だわ。
 そんなこんなで俺たちの日常は今日も緩やかに過ぎていく。
 まあ、あとから考えればこんなことはちゃんちゃらおかしかったわけだが。

「お悩み相談部!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く