話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

それでは問題、で・す・が!

しーとみ@映画愛好家

5-5

『問題。メイナード・ファーガソンが手がけたアメリカ横断――』

ここで、嘉穂さんがボタンを押した。聖城先輩よりも早く。
「スタートレックのテーマ!」
祈るような、嘉穂さんの視線が僕を突き刺す。実際、胸の前で祈るように手を組む。

しかし、僕は無情な返答をしなければならなかった。「残念!」

嘉穂さんの身体が、崩れ去る。

『アメリカ横断ウルトラクイズのメインテーマは、二つの楽曲を使用しています。一つはスタートレックのテーマ、で・す・が!』

番組研に、嘉穂さんに、この言葉を贈らなければならないとは。
再度ボタンが押された。
解答権を得たのは、やなせ姉だ。
「だったら、チシャ猫のウォーク!」
問題を全て聞き終えてから、悠々と答える。もちろん正解だ。
番組研の四人がハイタッチをする。

久々に番組研究部側が回答したためか、会場がまた活気を取り戻す。
いや、かつてない盛り上がり方だ。

聖城先輩が、天井を見上げ、ふう、と息を整える。仕切り直しといった風に。

『問題。処女作は、「キャンベルのスープ缶」。一九六〇年代のアメリカを代表するポップアートの芸術家は?』
プレッシャーの中、湊がボタンを押す。

聖城先輩は動かない。
どうせボケるのだろう。僕もそう考えていた。
湊は、この局面でもボケる。
僕はそう踏んでいた。
ピンチこそ楽しむ女性だと。

「アンディ・ウォーホル」

これがなんと正解。
湊だって、やろうと思えばまともに答えられるんじゃないか。

『名護選手は、芸能・音楽ジャンルが、お得意なんですか?」
「うーん。知ってるけど詳しいってわけでもないなー」
『その割には、早く解答していましたが?』
「いや、ボケる要素がない問題だったから」

湊の解答基準は、知っている問題かどうかより、ボケやすい答えかどうからしい。
しかし、真面目に解答した。
こいつも部活を存続させようと必死なのだろう。

「それに、こういうときはさ、真面目に答えた方がウケるんだって」
『お前、マジでブレないな!』

こういう局面においても、湊は面白いかどうかを優先する。
その拘りは危なっかしいが、今はその貪欲さが実に頼もしい。

『さて、名護選手、いつものおちゃらけた調子を捨てて、真剣モードですが』
「いやいや、もう限界。わかんないよ」
冷や汗をかきながら、頼りないことをいう。

『さて、これで一〇点選手にリーチが掛かった番組研! どうなるのでしょうか!?』
このまま、追い上げていって欲しいが。

「問題。国語辞典『俚(り)言(げん)集(しゆう)覧(らん)』に記載されている、初夢で見ると縁起がいいもの。一(いち)富(ふ)士(じ)、二(に)鷹(たか)、三(さん)茄(なす)子(び)。では、四は?」

ここで、聖城先輩が来た。
「扇」
『正解です。四扇(しおうぎ)、五(ご)煙(た)草(ばこ)、六(ろく)座(ざ)頭(とう)です』
やはり、難なく正解を出す。

会場が「うわあー」と、悲鳴にも似た歓声が沸く。

これで同点になった。あと一点を取った方が勝ちとなる。
会場の盛り上がりが頂点に達した。

『では、最後の問題を読み上げます。の前に』
僕は、番組研の方へ歩み寄る。
『番組研のみなさん、今の心境は?』
「ここまできたら、やるだけです」
嘉穂さんが胸の前でカッツポーズを取った。

聖城先輩へもコメントをもらおうと思ったが、マイクを軽く手で払われる。
集中していて、心に余裕がない。
または、あえて悪役を演じてくれているのか?
そんなわけないか。そこまでの演出を彼女が考えるとは思えない。

『問題。ワインの専門家はソムリエ、コーヒーの専門家はバリスタ。ではウイスキーの専門家は?』

ここで、嘉穂さんがボタンを押す。息も絶え絶えだ。
『津田選手、正解するのか、それとも不正解なのか、お答えを、どうぞ!』

「コニサー!」

『……正解!』

意地の勝利だった。

机をバン! と叩き、聖城先輩が悔しがるポーズを見せる。珍しく、クイズで感情を露わにしていた。

だが、解答者達は一様にゾッとしている。

『えーっと、この勝負、クイズ番組研が勝利しました。津田選手、今のお気持ちをどうぞ』

嘉穂さんが代表して、口を開く。
「悔しいです! とっても!」

『そ、そうですね。勝たせてもらった感じですから」

これまで、聖城先輩は九点目以降、全てボタンを「素振り」していたのだ。
それも、嘉穂さん達より早く。
答えようと思ったら、先輩はいつでも答えられた。
事実、聖城先輩は九点目に入ってから、問題を最後まで呼んでから素振りをしていた。
番組研に花を持たせたのである。

これは、勝ったとは言えない。

「そうじゃないです!」
僕の発言を、嘉穂さんは否定した。

「だって、聖城先輩が楽しんでないじゃないですか!」

会場にいるギャラリーが、全員呆気にとられていた。
だが、聖城先輩が一番驚いている。

「聖城先輩を追い詰めていない。勝負にすらなってませんでした。ちゃんと勝負して、対等に戦って、それで勝たなきゃ、聖城先輩が可哀想です。それが悔しいんです!」

対等に勝負してあげられなかった。
自分たちの力のなさより、聖城先輩が本来の力を発揮させてあげられなかった事の方が、悔しいと言ったのだ。

「だから、生徒会長!」
嘉穂さんが、聖城先輩に駆け寄り、頭を下げた。

「わたしたちと、もう一度勝負してください!」

聖城先輩の不思議そうな顔が、いつまでも僕の目に焼き付いていた。

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く