話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

脱出!

オレたちは元の場所に戻った。

だが、めまいを起こして身体がふらつく。

カミュも、同じ状態になった。

「トウタス、カミュ君!」
「お兄ちゃん、おやぶん!」
セェレとタマミが、目を覚ましたオレたちを支える。

「大丈夫だ。心配かけたな」
「トウタス、見て」
カミュが、目の前の空間を指さした。

空間が閉じる。
今度こそ、リ・ッキはこの世界から消滅したのだ。

「終わったな、カミュ」
「キミのおかげで、戻ってこられたよ。ありがとう、トウタス」

カミュと、互いに見つめ合う。

だが、一息付けたのも束の間だった。
地鳴りがして、天井から砂が大量に落ちてくる。

「崩れるぞ、避難しよう!」

「待って、入り口が!」
全員が駆け出そうとするのを、セェレが止めた。

瓦礫が落下し、入り口が塞がれる。

「任せて!」
セェレがモーニングスターを振り回す。鉄球で近くの窓を割る。

オレがカミュを、セェレがタマミを抱え、揺れる屋敷内を脱出した。


モンスターたちも散り散りになる。
退避が間に合わず、瓦礫の下敷きになる魔物もいた。

カミュの肩を抱きながら、足を引きずる。
思っていたよりダメージが大きい。
虚無の空間に飛んだときの負担が凄まじかったようだ。
本格的な治療が必要かも知れない。

「ペダンのおっさん、もう逃げた方がいいぜ!」
「承知! 全軍退却せよ!」

将軍の一声で、ペダンの軍勢が屋敷から逃げていく。

モンスターたちも、戦意を喪失しているのか、襲ってこない。

「オレたちもずらかるぜ」
全員を乗せたボートが岬から離れた瞬間、キャンデロロの屋敷が完全に崩壊した。

「終わったんだ。ボクの復讐が」
ふう、とカミュがため息をつく。

「それにしても、どうしてリキは、お前さんを殺せなかったんだ?」

あの場面は、絶体絶命だったように思う。
どうあがいても、勝ち目がないように思えたが。

「あ、キスだ!」
照れながら、カミュが口元を押さえる。

「そうか、キミに無理矢理キスをされたから、キミの不老不死のう効果が、一時的に聞いたんじゃないかな? それで一応せつめいがつくね」

セェレに鼻血を吹き出させるだけだった作戦が、功を奏したらしい。

「ともあれ、キミがいてくれてよかった。キミがノーライフキングを、リ・ッキを倒したんだ」
カミュがオレの首に腕をかけて、抱きしめた。

「そうだな。無事でよかった」
上の空でオレは答える。

「どうしたんだい、ボーとして?」
「いや、なんでもねえ」


言えなかった。


邪神が取り憑いた状態のタマミの口調が、『姐さんに似ていた』なんて。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く