話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

決着!

何もない、真っ暗な空間に人影が二つある。

一人はカミュなのは分かる。

もう一人は、リキだ。リ・ッキはリキになっていた。


ならば、オレも?
オレは、自分の顔や身体に触れてみた。
やはりだ。
樺島かばしま 尊毘とうたすの身体になっている。
魂だけの存在になったからだろうか。

リキとカミュが手四つの状態に。

しかし、カミュの方が力負けしてしまう。

リキはカミュの背後に回り、腕でカミュの首を締め上げる。

「キミは、トウタス?」

「ああ、そうだ」
カミュの問いかけを肯定し、リキの方を向く。

「リキ、親分に近づくんじゃねえ!」
奇しくも、転生前の状態が再現された。

「あの時も、こんな感じやったのう、トウタスよ」
「リキ、てめえ!」

気が抜けない。
少しでも気を抜くと、オレまで虚無に吸い込まれてしまいそうになる。

しかも、リキにカミュを人質に取られ、身動きが取れない。

「ボクの父を殺したのは、さっきの」

「せや。ワシは相手の魂を抜き取れるんや。相手の強さなんぞ関係ない。そうやって自分のパワーにできるんや。生きてるヤツ相手に使うには、膨大な力を使う。いわば最後の手段や。警戒されたら対策されてまうしな」

あのとき、カミュは完全に油断していた。
そこを突かれたのだろう。

「ごめん、トウタス。ここはいい。逃げるんだ。ボクは生きていったって、どうせ処刑されてしまうんだ。リ・ッキを倒してしまえれば、ボクはいつ死んだって」

「バカ野郎! 一生ついて行くって、さっき約束しただろうが! オレは、死ぬときだって前のめりだぜ!」

鼻で笑い、リキが話の腰を折る。
「感動的なセリフやのう。全身が痒くなってきたで」

「テメエは黙ってろ!」

「威勢はええけど、どうする気や? 組長の時みたいにはいかへんで。この身体に戻っても、まだ身体から痛みが取れへん! この辛さを、カーミラにも共有したる!」

リキが、空いている方の腕を上げた。
カミュの胸に、手刀を突き刺そうとする。

「この空間内で死んでまえ。カーミラ・カルンスタイン!」
リキが、腕を振り下ろす。

だが、カミュの胸に刺さることはなかった。

リキの腕は、カミュの胸板を貫くどころか、逆にへし折れてしまったのである。

「いったああああああ!」
リキが、カミュを手放した。

そのスキにカミュが逃げ出す。オレの元へ飛んだ。

「こっちだ、カミュ!」
オレは素早く、カミュを抱き留める。

「なんでや! なんでやあああ!」

「ジンギ 剛鬼ビシャモン、フルパワーッ!」
オレはありったけの魂を燃やし、リキを殴り飛ばした。

ビシャモン天の加護を受けたフックを食らい、リキのアゴが砕ける。

同時に、シールドを球の形状に展開した。そこへリキを閉じ込める。

ラストにフタをして、ジ・エンドだ。

「カミュ、とどめだ」
「うん」
カミュは、リキを閉じ込めた亀甲羅のボールにケンカキックを浴びせた。

「そんなくらいで! はあ!?」

いずこから現れた謎の人影が、リキの背後に回る。影はリキを羽交い締めに。


「くそがああああ!」
人影と共に、リキの身体が空間に飲まれていく。
空間の圧力に潰され、リキの周辺を覆っていたバリアが破れた。
リキの身体を巻き込んで。

闇に落ちていくリ・ッキを確認し、空間に背を向ける。

「キャンデロロ男爵が、最期に手伝ってくれた」
「ああ、そうだな」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く