話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

邪神の本音

「お前、何を言うとんのじゃ」

「え? だって、邪神とかいう人が言ってるよ?」

「嘘つけや! 邪神様がンなこと言うかい!」
ブンブンと、リ・ッキは首を振る。

「でも、『誰がきっしょいファンなんかに従うかー』だって。地球って星のヤクザ数名の血なんかもらったって、おいしくないもーん、って言ってるし」

タマミは更に邪神と交信し、リ・ッキしか知らない情報を語り始めた。

「ホンマや。ホンマに邪神様と、コンタクトしとるぞ、このガキ」
リ・ッキが青ざめた顔で震え出す。

「どういうことだ?」

タマミは死者だけではなく、今や神ともコンタクトを取れる能力を持ったらしい。

「リ・ッキの配下と語らったおかげで、魂が成長したからだろう」
しゃがみ込んで、カミュがタマミと同じ目線になる。
「タマミちゃん。彼が崇拝してる神様になりきって、彼の言葉を直接伝えてくれないか?」

「だそうですけど、いいですか?」
何があったのか、タマミが虚空を見上げた。
誰かと語らっているようだが。
「いいそうですよ」と、タマミが指でOKサインを作った。

「お前、邪神とコンタクトしたのか?」

オレが聞くと、タマミは首を縦に振る。


どこまでオレを驚かせてくれるんだ、我が妹よ。


「じゃあ、お願いするよ」
カミュがタマミに依頼する。

「はい」と、タマミは一つ、深呼吸をした。

それだけで、タマミの持つ気配が変わる。

カタカタと、リ・ッキが集めてきた魔法具が震え出した。タマミの元へ殺到し、周囲を回り出す。まるで、ダンスをするかのように。

「おお、邪神様が、降臨しはる!」
リ・ッキが一人で盛り上がった。

「トウタス、タマミちゃんが!」
心配するカミュを、オレは宥める。
「大丈夫だカミュ、だってあいつは、オレの妹だからな」

正座状態だったタマミが、いきなり膝を崩した。
指を鳴らすと、マジックアイテムたちはチリと化す。

「ワシのコレクションが」
変わり果てたアイテムの残骸を、リ・ッキがかき集める。往生際が悪い。


「だって、狂信者イキッてるファンって一番ウザいじゃないですかー。ウチらはただ、ぼっちでいたいだけなんでー」


正座状態だったタマミが、いきなり膝を崩した。
あぐらを掻き、面倒くさそうに語る。


「でもね、狂信者イキったファンって何かにつけて『世界征服しろ』だの『世界を焼き尽くせ』だのうるさくてー。教典トリセツにも書いてあるんですよ。『関わるとロクなことにならないよー』って。『正気を失うよー』って。なのに、すっごいしつこくて。信じてくれないんですよ。ストーカーなの?」



邪神になりきって、タマミは早口でまくし立てた。


ノーライフキングは、呆然としている。


「わざと禍々しく作って、手に取られないようにしてるのに、オカルトマニアって逆に手に取っちゃうんで。もう、いい加減にして欲しいって言うか。相手にしたくないんですよー」


タマミは容赦がない。
まるで、邪神が乗り移ったかのようだ。
この邪神、相当リ・ッキが嫌いなんだな。

「ほああああああ!」
苦しみもがきながら、ノーライフキングは永久に暴言を吐かれ続ける。

「さて、虚無へ落ちようか。誰も居ない世界で、永遠に生き続けるがいい」

「殺してくれ! こんなんじゃ生きていかれへん!」
往生際悪く、リ・ッキがカミュに懇願した。

だが、カミュは冷たい視線をリ・ッキに送るのみ。
「無理だね。ノーライフキングであるお前にとって、死は救いになる。ボクはキミを救わない」
カミュが、手の平から真っ暗な空間を作り出す。

暗黒は、みるみる大きくなり、人が一人分は入れるくらいにまで膨らんでいった。

「これは、今この世界で顕現している神々の力を結集して作り上げた、虚無の空間だ。お前をここに閉じ込める。キミは宇宙で一生、他の神から攻撃されるんだ」

「じゃかあしいわい! こうなったら、オドレも道連れにしたる!」
リ・ッキが、カミュに向かって手をかざす。

そのポーズを取っただけで、カミュの身体から一瞬で生気が失われた。
目が開いているのだが、焦点が合っていない。
明らかに、死んでいるように見えた。

「どうした、カミュ、カミュ!」
揺さぶっても、カミュは目を覚まそうとしない。

オレは、この状態を見たことがある。
メシュラで。
咲きながら死んていた花に似ているんだ。

「お兄ちゃん、カミュさんの魂が黒い空間に連れて行かれちゃう! まだ端っこの方で食い下がっているけど、弱ってる!」

タマミの言葉を聞いて、事は急を要すると悟った。

「助ける方法は?」

「お兄ちゃんも霊体になって、助けに行く。方法は、今のお兄ちゃんなら分かるはずだよ」

ビシャモン天の力を使えってか。

「セェレ、オレはカミュを助けに行く。いざとなったらタマミを頼む」

敵はタマミに懐いている。攻撃してくることはないだろう。

だが、オレは無事に帰ってこられないかも知れない。

「そんな! 絶対に帰ってこないと承知しないから!」
「分かったよ。必ず、カミュを連れて帰る」

オレは、空間に向かって叫んだ。


「ジンギ、剛鬼ビシャモン!」


オレの魂が、暗黒に吸い込まれていく。

          

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く