話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

あんでっどずラブ

「クソが、なんでワシが負けるんじゃ!」
負けたくせに、リ・ッキが悪態をつく。

「日頃の行いが悪いせいだぜ」
折れたドスを、リ・ッキに突き出す。

ニヤリと笑ったリ・ッキが、半身だけ起こした。
「何がおかしい!?」

「確かに、このままやったら、負けるかもしれへん。せやけどな、ガキの命はワシが預かっとるんは変わらんのじゃ」

タマミの元に、モンスターが群がる。
タマミに危害を加えようとしない。だが、素直に返してくれそうもなかった。

「ワシは、このガキに手を出されへん。せやけど、邪神の生け贄にはできるんや。邪神様の供物として、こいつは利用させてもらうで」
目を押さえながら、リ・ッキがあぐらを掻く。
「おとなしく杯を渡さんかい」
座ったままの姿勢で、リ・ッキが手を差し伸べてきた。

「テメエ、卑怯だぜ!」

斬りかかろうとするところを、カミュに止められる。

「待ってろ」
カミュは懐から、ビシャモン天の杯を出した。
サーベルで自ら手の平を切り、杯に血を注ぐ。

「よう分かっとるやないか。そうや。ワレの血も必要なんじゃ」

「やはり、お前の目的は不老不死か。トウタスと同じく」

なんだと?

「そんなにすごい力をもらっていたのか? オレはてっきり、ビシャモン天の力が自分に備わったとばかり」

「キミの能力は、絶対防御どころじゃない。それはビシャモン天が授けてくれた力であって、キミ本来の姿は『夜叉ヤクシャ』、不死身の肉体を持つ鬼神なんだよ。キミはどんな目に遭っても死なない。ゾンビなどの低級アンデッドとは、比較にならないんだ」

そうだったのか。

オレは、カミュに何一つ、言葉を投げられない。

「最初はゾンビから始まり、だんだんと身体を慣らしていき、キミは本当の力を手に入れたんだ。キミを不死身の戦闘マシーンとするためにね。ボクは、キミに殺されたって仕方のないヤツなんだよ」

苦笑を浮かべ、カミュはリ・ッキに杯を差し出した。

不死身の肉体が、リ・ッキの、竹山たけやま 力弥りきやの手に渡ろうとしている。

「タマミちゃんの解放が先だ。それで渡す」

「ええやろ」とリッキは言い、「お前ら!」と、タマミに群がっていたモンスター共に声をかける。

モンスターが、タマミから離れた。

解放されたタマミがオレに駆け寄る。

オレはタマミを抱きしめた。
「よくがんばったな、タマミ」
「うん」

「タマミ、あのお姉さんの後ろに隠れてろ」
セェレに、タマミを任せる。

リ・ッキが聖杯を受け取った。
「ガキぐらいくれたるわ。どうせ死ぬんやしな」
口の端をつり上げ、杯に口を付ける。


瞬間、オレはカミュと口づけを交わす。


「ちょっと、何を?」
急なことだったせいか、カミュはとぼけた感じの声になる。

「なんや? こいつらいきなり」
唐突に始まったあんでっどずラブを見て、リ・ッキは血を飲むのをやめた。

「だってよ、オレのためなんだろ? オレを生き返らせてくれたのは」

もし、オレをリ・ッキを殺すマシーンに仕立て上げるだけだったら、自分から敵地になんて乗り込まない。
オレに任せておしまいだ。

カミュは優しい。
人任せにせず、自分からリ・ッキの元へ赴いている。

そんなバカなヤツだから、オレはカミュについて行こうと決めた。

「オレはあんたの義理堅さに惚れたんだ。だから、あんたが死ねっつったら死ぬし、生きろというなら這いつくばっても生き抜いてみせる。一生ついて行くぜ、親分」

「まったく、キミってヤツは」
今度は、カミュの方から口を付けてくる。

これは、腐女シスターにとって極上のエサになったらしい。


「うぼあー」
セェレの鼻孔が、大噴火を起こす。


聖女の血液は、リ・ッキの持つ聖杯すら汚した。


「うっわ、きったな!」
手で杯にフタをして、リ・ッキは中身を守る。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く