話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

タマミがママに!?

エントランスに入ったが、敵の気配がない。

「静かだね」
辺りを警戒しながら、カミュは目をしかめる。

「罠か?」
「いや。外の魔物やジャガンナートに任せっきりだったようだ。それに」

ダンスホールのある辺りから、リ・ッキの気配が。
他の魔物も、集結しているようだ。

「ヤツはあっちだ。妨害がないウチに向かおう」
他の部屋を一切無視して、オレたちは舞踏会場まで急ぐ。

「そうか、君とテムジンは、向こうで会っていたのか」
「大して話していないんだ。だから、面識はあってないようなもんさ」
「けど、これで分かった。やはりリ・ッキは、物質から人体に憑依して、人間を操っているようだ」

どういうことだろうか?

「向こうの世界で、キミと同じくらいの歳に転生するには、同じ時期に生まれなくてはならない。しかし、テムジンがキミの世界に来たのは、キミが一〇歳くらいの頃だ。計算が合わない」

ならば、リキはリ・ッキに取り憑かれたと思うのが自然と。
キャンデロロの状況を見て、カミュはそう推理したのだ。

「キャンデロロは、さっきのジャガンナートをどこかで見つけてきて、封印されていたリ・ッキを解放してしまったんだろう」

それより、タマミを早く助けないと。
このままでは、タマミが「Vシネマの生娘役」みたいな目に!
ああ、公序良俗に違反してしまう!

「ママーッ!」
ほら、かわいそうに。おっ母を呼んでるじゃねえか。

「ん? なんか声が汚なすぎるような」

「そんな! 声まで変わっちまって! 今、助けるからな!」

男爵邸のダンスホールへ乗り込む。

「シェリダン組だ! 神妙にしやが……れ?」

舞踏会用のホールには、異様な光景が広がっていた。

「ママ、ママ」

「はいはい。ママはここにいますよー」

「あああママーッ!」

泣いているオークやキマイラを、タマミがあやしている。

その隣には、ヤンキー座りをして不機嫌な顔をするリ・ッキの姿が。

「タマミ!」

「ああ、お兄ちゃん! 助けに来てくれたの?」
何の危機感もなく、タマミは笑顔で出迎えてくれた。

「何もされてないか?」

「うん。魔物さんにお話聞いてあげたら、懐いてきたの」
状況が、うまく飲み込めない。

「なんかね、『バブみを感じて、オギャる』なんだって。よく分かんないね」

キマイラの頭を撫でながら、タマミは苦笑する。

これは、当人に聞くのが手っ取り早かろう。

「リキ、これは一体……」

「どないもこないもあるかい! 飼い慣らされてしまいおって!」

詳しく聞くと、手下はやはり、タマミを弄ぼうとしていた。
だが、タマミが霊との交信能力を持つと知ると、人生相談が始まったという。
料理の腕も抜群で、今では、スピリチュアル・カウンセラーとして、タマミはモンスターたちの相談役になっている。

「手下には人質のガキに懐かれる。ワシは霊そのものやから、こいつには手が出されへん。変に触るとこっちがダメージを負ってまうからな。お前に苦痛を与えようと思っとったのに! Vシネの生娘みたいな目に遭わせたろと思うてたのにーっ!」

そいつは残念だったな。思考まで一緒とは。

タマミは、オレの妹だ。オレ以上に肝が据わっているぜ。

「いつまで甘えてるんじゃ、お前ら! 敵襲やぞ! 仕事せえよ!」

リ・ッキの一言で、魔物たちが我に返った。
役割を思い出したかのように、オレたちへと襲いかかってくる。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く