話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ジャガンナートと男爵


「か、勝ったのか?」

息を整え、相手が完全に消滅したのを確かめた。

動いてこない。どうやら倒したようだ。

『見事なり、樺島尊毘よ』

「ありがとうな、ビシャモン天。それと」

オレは、ビシャモン天にどうしても言わなければいけないことがあった。

「今まで妹が死んだのを、あんたのせいにして、すまなかった」

樺島ビシャモンに向かって、オレは身体を折る。

『あの事故は我のせいなり。お主は悪うない。その優しさ、今度こそ、お主の妹君に向けよ』

ビシャモン天は、オレを責めることなく、力強い言葉をくれた。

最後に、オレはビシャモン天に頼み事をする。
「テムジンに会う機会があったら、あんたは悪くないって告げて欲しい。あんたのおかげで、オレはまた妹と会えた。今度こそ、タマミを守ってやるって」

『うむ。その心、テムジンにも伝わっておろう』
オレと目が合うと、樺島ビシャモン天はウインクしてきやがった。そのまま、姿を消す。

「それが、キミの新しい力かい?」
オレの変化に、カミュが戸惑いの言葉を述べる。

「どうも、オレはゾンビから夜叉ヤクシャにっての進化したらしい」
「鬼の上位互換じゃないか。どうりで強いと思ったら」

ビシャモン天の気配がなくなっても、力が漲っていた。

これなら、リ・ッキとも打ち負けない。確信できる。

「急ごう。タマミが」

足を一歩出したとき、鎧から何かの気配が。
また動き出すのか、と思ったが、邪悪な印象は受けない。

「あんたは」

宝玉の跡から、モヤのような形で、亡霊が浮かび上がってきた。

モヤが、オールバックの男性の形に変わる。

「キャンデロロ男爵じゃねーか」
「彼が、キャンデロロ男爵だったのか」

男爵の表情は、悲しげだが、妙に穏やかに見えた。

「そうか。この鎧に閉じ込められていたのは、リ・ッキの方だったんだ」

この世界に降り立ったリ・ッキは、この鎧の中に捕らわれていたのだ。邪念を放ち、自分を解き放ってくれる相手を呼び寄せた。

「男爵が触れた途端、入れ替わってしまったのか」
「多分、リ・ッキは男爵じゃなくてもよかったのかも」

自分を解放してくれる奴なら、誰でも取り込んでやろうと。

「ずっと鎧に捕らわれていたんだね。リ・ッキの代わりに宝玉に幽閉されて、ジャガンナートを制御するためだけに魂を利用されて」

悲しげな表情を浮かべている。タマミがいれば、何を言っているのか分かるんだろうが。

さぞ無念だったろう。悔しかったに違いない。
「待っていてくれ、男爵さんよぉ。必ず、リ・ッキに落とし前を付けさせるからな」

オレが語りかけると、男爵は何かを納得したのか、一度だけ頷く。
鎧がガラガラと音を立てて崩れ去った。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く