話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

トウタスと大賢者テムジン

ビシャモン天の名を聴いた瞬間、オレは、過去の記憶がフラッシュバックした。

オレは、俯瞰で見ている。幽体離脱ってヤツか?

アフロヘアの男が、手術台に俯せ状態で載せられている。

これは、オレじゃねえか!

この光景、知ってるぞ。たしかオレは、ここで刺青を入れてもらったんだ。その時の様子は、何も覚えていないが。
刺青を彫ってる間、オレは眠り込んでいたっけ。飲み物に一服盛られて。
入れ墨を彫るとき、麻酔を使えないからだろうと、勝手に解釈していた。

二人の女が、オレの背中を見つめている。何か話し合いながら。

「コイツがさっき話した、樺島かばしま 尊毘とうたす。入れ墨の彫り甲斐があるガタイしてるっしょ?」

ショートカットのメガネの方は、オレの姐さんだ。
ビシャモン天の刺青をデザインした人。
年中ノーブラタンクトップに短パンというルックである。

「尊毘というのか。音読みにすれば、『ゾンビ』になるな」

もう一人の方は、髪の長い女だ。
病的なまでに細い。本当に病気なのか、途中で何度も咳き込んだ。手に入れ墨を彫る道具を持っている。彼女が彫り師か。

麻酔を使用して入れ墨を彫ると、身体への負担が重いからだ。

だが、姐さんの様子だと、自分たちの会話をオレに聞いて欲しくなかった、というのが本音だろう。

「彫るのは、ビシャモン天でいいのだな。これを彫れば、彼はヤク……となる。向こうへ行っても、人間ではいられないだろう」

彫り師の女性が言うと、姐さんは缶ビール片手に彼女の肩を叩く。
「いいって。ヤクザもヤク……も似たようなもんっしょ」


頭がぼんやりしていて、よく聞き取れない。


「私は、もう長くない。誰かが引き継いでくれればと思っていた。彼を連れてきたことには礼をいう。しかし」

細身の彫り師は、口ごもる。

「彼の家族を殺したのは、私だ。この世界に来た時、居合わせていた車を潰してしまった」

「木が倒れたことになってるやつね。でも、リ・ッキとか言うヤツを追い払うためだったんでしょ? 悪いと思っているなら、あんたの使命を果たしな」

おちゃらけていた雰囲気がスッと消え、姐さんの顔にシリアスさが滲む。

「尊毘は、自分の意思でビシャモン天を彫ってくれって頼んできた。これは、運命だったんだ。

そう言って、姐さんは彫り師の肩を叩く。

「大丈夫。尊毘は強いもん。どんな試練も乗り越えるって」

そう言いながら、姐さんはオレの背中をペチペチと叩く。
元のお気楽さを取り戻して。


「じゃあ、やっちゃって。テムジン」


ハッキリと、聞き取れた。


テムジン!


そうか、オレに入れ墨を彫ったのは、大賢者テムジンだったんだ。

妹が死んだのも、テムジンの。

なのに、テムジンの努力も空しく、オレは、負けようとしていた。テムジンの期待に応えられず。

せっかく生き返ったのに。

タマミだって、こっちで頑張って生きていた。

オレは、何もできないのか? もう、これ以上。

過去の記憶が消えて、オレはまたビシャモン天の前に戻ってきた。

「ビシャモン天! どうして、オレの前に?」

『旧友サティからの呼びかけにより、参上した』

それはありがたい。だけど、今のオレは身体を動かすことすらできない。今度こそ死んだ。

『立てい。まだ何も終わっておらぬ』

「何が終わっていないんだ?」

『死に直面したことによって、「ジンギ 剛毅ビシャモン」のレベルが、アップグレードされた。我が力をもう少しだけ強めに発動することができる』

もっと強くなれるのか。

『さあ、我が名を呼べ、樺島尊毘! 汝のやるべき事を果たせ!』

ビシャモン天の姿が消える。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く