話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

トウタス、死す?

三角錐の顔が、横に割れた。
その姿は、まるで猛獣である。牙のようなモノが生えていた。
シールドの先端には、爪のような武器が生えている。

「暴走!」

聖女セェレが、モーニングスターで応戦するが、相手の攻撃を防ぐだけで精一杯だ。

ジャガンナートの鎧を一部、モーニングスターが削る。

そこで、オレたちは信じられないモノを見た。

何もないはずの鎧から、血が噴き出しているのだ。

「出血した?」

「そうか、あの鎧は生きていたんだ。亡霊の部分は宝玉の部分だけ。まさか鎧自体が、一つの生命体だったとはね」

アンデッドじゃないから、セェレの攻撃も効かなかったのか。

「あいつは、宝玉を守る役目を担っていたんだろう。宝玉が何を意味するのかは、分からないけれど。役割を終えて、好き勝手に暴れている」

「もう喋るな。傷は浅いぜ。じっとしてろ」

「そうはいかない。セェレを助けなきゃ。タマミちゃんも」

「大丈夫だ。オレに任せろ」
カミュを寝かせ、オレは戦場へ突撃した。 剛毅ビシャモンを発動し、セェレを庇う。

「すまんセェレ、カミュを頼む!」
「はい!」
返事を返し、セェレはモーニングスターを回転させる。完全に防御体勢になり、カミュの前に立つ。

「お待たせしたな。覚悟しな!」

ジャガンナートの爪を、ビシャモンのシールドで防いだ。

が、敵の爪は、オレの防御を簡単に切り裂いた。

続いて、反対側の拳が、オレの顔面をとらえる。

あまりの出来事に、ガードが間に合わず、オレはパンチに対応できなかった。地面に倒れ込む。

馬乗りになって、ジャガンナートはオレに何度も拳を浴びせてきた。

「トウタス!」
悲鳴にも似たカミュの叫びが、聞こえる。

だが、オレは反応することもできなかった。

ジャガンナートはセェレから鉄球を浴びせられても、攻撃を止めない。

ここまで、なのか? オレは。タマミを助けられず。

『ダメージが許容量をオーバー。剛毅ビシャモンのレベルが、アップグレードされました』

また、あの声だ。ゲーム音声ってヤツか?

『これにより、一定時間、契約した神の声を聞くことができます』

なんだと?

気がつけば、オレは何もない空間で寝転んでいた。

ジャガンナートの姿も消えている。

身体を起こそうとした。

しかし、どこも動かせない。

ダメージが蓄積しているようだ。

『正式に契約せよ、樺島かばしま 尊毘とうたすよ』

寝転んでいるオレを、誰かが覗き込んでいる。
ぼんやりとした陽炎のように揺らめき、原型は分からない。
ただ、凄まじい魔力の持ち主なのは感じた。
彼を見ているだけで活力が湧いてくる。

「だれだ、あんたは?」

『ヒトは我をこう呼ぶ。ビシャモン天と』

          

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く