話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

アンデッド特効が通じない!?

「ジンギ、剛毅ビシャモン!」
オレはジンギを使う。
両手にシールドを張って、殴りかかった。

相手の方も、金属製のシールドで受け止める。
反撃で、盾を持つ手の方で殴ってきた。

「オレと同じ技を使いやがる!」

お互い、盾による連続パンチの応酬となる。

このヤロウ、ドラゴンゾンビとスケルトン姫を足してもまだ強い。

様々な敵と渡り合って、オレもレベルアップしている。

だが、ジャガンナートはそれ以上だ。

殺気がないのが実に不気味だ。
まるで、指示されて動いているような。

できれば二人には先攻してもらいたいが、ジャガンナートが目を光らせている。

「不浄なるモノよ、フェルダの名の下に安らかなる眠りを!」
セェレが仕掛けた。
アンデッド特攻を持つ聖女が、モーニングスターを叩き込む。

だが、シールドに軽く弾かれてしまった。

「どうして!?」
モーニングスターを戻し、セェレは防御の姿勢に入る。

今度は、ジャガンナートが反撃してきた。
シールドで殴りかかる。

セェレが飛び退いた。
後ろにあった壁が砕け散る。

「アンデッドじゃ、ない?」
そうカミュは言うが、違うだろう。

ジャガンナートは、魂だけの存在だ。アンデッドのはず。
でも、ならどうして、セェレの攻撃が通じない?

「こいつも、弱点を消しているのか?」
「いや。鎧全体に意思があるわけじゃない。おそらく、コアがあるんだ」

だったら、セェレに攻撃してもらえば、コアってヤツを予測できるかも。

「セェレ、もう一回鉄球を投げつけてくれ。アタリを付ける!」

「分かった」

セェレの鉄球が、複雑な軌道を描く。
攻撃するのではない。弱点を探り当てるため。

「あった、中央の宝石!」

鎧の胸部にある、赤い宝玉を鉄球が狙う。

盾を構え、ジャガンナートが胸部を庇った。

だが、弱点を攻撃する手段は、もう一つあるんだ。

「ジンギ、隠者レフトアローン!」
カミュがジンギを発動させる。

両腕に金属シールドを展開し、ジャガンナートがカミュを押し潰そうとした。

「させるか!」
こちらもシールドを広げる。
カミュの前に立ち、ジャガンナートの殴打を全て引き受けた。
亀シールドにヒビが入る。

「トウタス!」
「構うな行けぇ!」

カミュのサーベルが、宝玉を刺し貫く。

赤い宝玉が、粉々に砕け散った。破片が、赤い液体となって蒸発していく。

弱点がある分、倒しやすい相手と言うべきか。

これで全てが終わったと思われた。

しかし!

「まだだ! 危ないトウタス!」
カミュがオレを突き飛ばす。

「ぐはあ!」
カミュは、背中を爪のようなモノで刻まれた。

攻撃してきたのは、倒したと思っていたジャガンナートである。
「なんだあれは」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く