話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

決戦前

真夜中、男爵を追って、カルンスタイン領内の湖へ。

向かうメンバーは、オレとカミュとセェレの三人だ。


桜花団の一人が、道案内を引き受けてくれた。ボートの後方で櫂をこぐ。

木製のボートに乗って、真っ暗な湖面を渡る。

「湖の向こうに、明かりが灯っているだろ。あそこが、男爵の屋敷だ」
ボートを漕ぎながら、桜花団が教えてくれた。

静かだ。とても最終決戦に赴く場としては相応しくない。
だが、それが逆に不気味だった。

「ボクたちには、やるべきことがある。それが済んだら、ボクはいつ死んでも構わない」
聖女の前だからか、カミュはとんでもない決心を口にした。
「もし、カルンスタイン王がボクを処刑するというなら、引き受けよう」

「バカ言うな。あんたは世界を背負う人間だ。人間に焼かれるなんて」

確かに、カミュを、カーミラを差し出せば、隣国を攻めるなんて考えなどないと主張できる。
だからって、どうしてカミュが犠牲にならなきゃいけないんだ?

「ボクは魔族だよ。それに、ボクは世界を手にしたいとも思わない。せいぜい、悪巧みをしている奴らを蹴散らすことだけだよ」
「お前さんなら、悪い奴らがデカイ顔ができない世界を作れるさ」
「そうかな? 人間は弱い。ボクは、彼らの弱さを受け入れることはできても、根元からは正せないよ。それは、王族にだって無理だ。自分で変わらなきゃ」

人は、他人によっては変わらない。
それが、カミュの考えだった。

「オレは、あんたのおかげで変われたぜ」

生き直すチャンスをくれたのは、他ならぬカミュだ。

「あんたには、本当に感謝しているんだ。考え直してくれ」

「キミは元々、優しい人間だよ。でなければ、ゾンビになってもそこまで悩まない。感謝するならボクじゃなくて、ビシャモン天にだろ。これからは、ボクじゃなくて、ビシャモン天の導きによって生きるんだ」

オレは、黙り込む。
そこまで言われたら、オレはカミュを止められない。

「屋敷が見えてきたぜ」
話題をそらす。

ペダン帝国はとっくに向かったらしく、数隻の船が湖畔に止まっていた。

「わたしは、二人がどんな生き方を選ぶべきかなんて、道を示せません」
聖女が、らしくない言葉を放つ。
「ただ、どうしても生きるのがイヤになったら、わたしに言って。友達のよしみで、苦しまないように天へと返します」

「ありがとうな、セェレ。お前に聖女の加護があらんことを」

「ありがとう、トウタス」

オレたちの船も、目的地に到着する。

「トウタス、妙だと思わないか?」
陸地に足を踏み入れた途端、カミュがそう語りかけてきた。
「ああ。イヤな予感が、ビンビンするぜ」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く