話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

国王の過去

「これでも我々が、よその国へ攻め込む思惑があるとお思いか? あなた方のような『小国』を、我々偉大なるカルンスタインが、相手にするとでも?」

ペダンの将軍に対し、国王は凄みを聞かせた。

「はぁ、は、はい」

「だったら、あなた方が刃を向けるべきはどちらなのか、この状況を見て、よくご存じなのでしょうな?」

目を泳がせて、ペダン兵たちは男爵の屋敷がある方角と、国王を見比べる。


「ああ、どうなんだ! 答えろよオラァ!」


オレがビックリするくらいの、ドスの利いた声で、国王が将軍を煽った。

苦い顔をしながら、ペダン国の将軍は「失礼致しました」と頭を下げる。肩を落としながら、男爵のいる方向へ向かう。

「すげえな、アンタ。気迫だけでペダンの兵隊を追っ払うなんて。どれだけ肝が据わって?」

「はあ、ワシ? 元ヤン」

翻訳機能から、どうもカルンスタインの王様は、相当ヤンチャだったらしい。

そういえば、セェレが言っていたじゃないか。
「王の寝室に入った賊が、返り討ちに遭った」と。

もしかすると、王自らが撃退した可能性だってありえる。
このジイサンを見ていたら。

「それじゃあ、通路の壁にあった肖像画は」
「それはワシだ」

九〇歳とは思えない満面の笑みで、国王はVサインを決めた。

あのモヒカンが相手なら、ペダン帝国はもう、この国にちょっかいはかけてこないだろう。
手を出せば自国がどんな惨状になるか分かったからな。


「今日は色々あってくたびれた。事後処理も控えておる。ここで失礼させてもらおう」
「ああ、すまねえ」
「これで貸し借りはなしだ。カミュ殿を味方にできんのは心残りだが」

「待ってくれ。あんた、なんで来てくれたんだ?」
国王に向かって「あんた」はないか、とも思ったが、オレは王を呼び止めずにはいられない。

「国を守る。弱者を守る。それが、我々生きている者の勤めだからだ」
国王が、聞き覚えのある言葉を、オレに贈ってきた。

「その言葉は、オレの」

「では、武運を祈る」
国王は、騎士団を引き連れて、指示を出し始めた。

これでやっとタマミを探索できる。

「凄い、凄いよトウタス。やはり、キミはボクが見込んだとおりの男だった!」
カミュがオレに抱きついてきた。
「ドラゴンゾンビなんて、よく味方にできたね?」
「まあな。いざという時に役立つと思ってよ」

あの保険がなかったら、さらに手こずっていただろう。

「おまけに、国王の心まで動かすなんて! キミってどれだけすごいんだ!」
カミュの賞賛は止まらない。

「あふう!」
それで、サティの鼻腔が噴火しないはずもなく。
「申し訳ありません。こんな一大事に萌えてしまって」
「多分、一大事だからこそだろう。神経が興奮しているんだ。せっかくだ。サービスしよう」
わざと、カミュはオレを強引に抱き寄せたり、胸元をはだけさせたりした。
「あばー」
そのたびに、セェレは面白いリアクションを取る。
「待てよ。そうだ。そうだよ、これだ!」
オレは狂気を孕んだ声を上げる。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く