話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

国王の檄

「国王自らお出ましになるとは」「見ろよ、王様の周り。警備兵が誰もいないぞ?」「兵士は何をしているんだ? お守りせねばならんのに」
状況を見守る民衆から、次々と動揺の声が上がった。

「何の用件でございましょう、将軍閣下?」
ゾッとするほど低い声で、国王は将軍に告げる。
だが、その表情は伏し目がちで、俯いていた。

余裕たっぷりの声色で、ペダンの将軍は鼻を鳴らす。
「カルンスタイン国が、我が国をグールに襲わせた容疑が掛かっております。ことが事実ならばですな、国王、重大な国際問題になりますぞ! もし事実なれば、神の名において今すぐ国をお取り潰しに……」

将軍が話し終える前に、国王は天を仰ぎ、豪快に笑った。
さっきまでの気弱そうな姿とは、まるで違う。

「何が、おかしいのです?」


「ほほう。では皆様は、我々がペダンのような『小国』をお相手致す、とでもお考えで?」

その言葉には、さすがのペダン帝国将軍も黙っていない。
「しょ、小国!? 偉大なる我がペダンを小国呼ばわりですと!? 聞き捨てなりませんな! 領土は倍! 兵力は更に倍である、我がペダンを」

「小国でしょうが」
国王は一切訂正しない。
「あれだけの領土を持ちながら、たった二〇万ぽっちの雑兵を寄越すなど。しかも皇帝陛下自ら剣をお取りにならぬとは。これでは、貴国の性根が知れておりますな」

ケチを付けるわ、向こうの国王を小バカにするわ。この国王、ノリノリである。

煽り耐性ゼロの将軍が、柄に手をかけてみるみる赤面してきた。
だが、ヘタに攻撃すれば戦争になる。
耐えなければならない状況だ。

「しかと聞け、みなの者!」
そんな将軍の心境などシカトして、国王は大声を発する。
「にっくきリ・ッキの襲撃により、我々は多くの同胞を失った! さらに隣国ペダンは、我が国にあらぬ嫌疑をかけ、二〇万の兵力をもってカルンスタインを攻め落とそうとしている。まさに、泣き面に蜂である!」

カルンスタインの国王が、スピーカーもなしに、民衆へ語りかけた。
どんな声だよ。国中に響いているんじゃねえか?

「我は弱い! 戦において、二〇万の兵どころか、たった数名の兵隊が相手であっても、我は軽く捻り潰されるであろう!」

「よく言うよ。一人で皆殺しにできるでしょうに」
国王の演説に、カミュはひとりごちた。

「だが、我が死んだとしても、それはたった一人の老人が死んだに過ぎない! 国が滅びたことにはならぬ! なぜなら、カルンスタインは、国民の一人一人が王! 一人一人が国! 一人一人が神であるからだ!」

人さし指を立てて、国王がその手を天に向ける。

「みな、それぞれが一つの国や、神を背負っておる! みなの誰か一人が、カルンスタインを背負えばよいのだ! 自らの意思で!」

続いて、国王は隣国の兵隊を指さす。

「隣国は、二〇万! 対して我々は四万程度の国力! だが、恐れるな! かの国の神は一つ! こやつらがいくら束になってかかって来ようが、所詮はたったひと柱しか神は味方せぬ。こやつらも、そんな神のシモベである! 神である諸君らにかなうはずなし! そんな国に、我が国が攻め込む道理はあろうか? 相手になどせぬわ!」

民衆に問いかけた後、国王の目線はペダンの軍勢へ。

「ペダン帝国の方々、もし、我々を押し通すというなら、四万の国、四万の神を相手にするのだと心得よ!」

演説が終わって、民衆から大歓声が上がった。


「さて、将軍閣下」

国王が、今度はペダンの兵隊長の方へ向き直る。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く