話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

サティの願い

おっかねえ。
オレたちのメンバーで一番敵に回したら危険なのは、サティだな。神様だし。

「リ・ッキの甘言祈った時点で、貴方は咎人なのです。そんなことすら分からぬとは」
まるでヘルヴァに興味をなくしたかのように、サティは背を向ける。

「帰るのかい、サティ」

「グールの脅威は去りましたからね」
あくまで、サティはどこまでもクールだ。
「今日は大奮発して、力を使いすぎました。では私はこれで」
カミュの問いかけに、サティは微笑みで返す。

「トウタス殿。必ずやタマミ殿をお救いください」
意外な言葉がサティの口から発せられた。

「ああ。あんた、人間には興味ないって思っていたぜ」

「彼女には感謝しております。あなた方お二人が仲間になってくださったおかげで、我が主の周囲は賑やかに明るくなりました。亡きお父上の敵討ちだけを生きがいとしてきた、カミュ様の冷え切った心まで、あなた方は癒してくださった。主人に代わり、お礼申し上げます」

オレの知らないカミュの一面を、彼は知っているようだ。

そんなに暗い奴だったのか、カミュって。
今の姿からは想像できないが。

「だからこそ、タマミ殿を拐かしたリ・ッキは許してはおけません。必ず始末してください。その後の処置は、この死神サティ、及び異国の神々どもにお任せを」

「任せてくれ」と返す。

「ありがとう。サティ」

「これ以上は手を貸せませぬ。ですが、あなたは先王カルンスタインの一粒種。きっと本懐を遂げましょうぞ。では」

そう言い残し、サティは手を振って街の闇と同化した。

役割を終えた神々も、姿を消していく。

ライニンガーの亡霊らしき者たちが、ヘルヴァの亡骸に殺到した。

「姫よ、我と共に冥府へ帰りましょうぞ。これ以上、地上に迷惑はかけられませぬ」

残骸をかき集め、地面の中に沈んでいく。ドラゴンゾンビも同じように。

「トウタス殿、我々は姫と共にこの世を去る。手は貸せぬことをお詫び致す」

いいんだ。元々そういう約束だったからな。

「達者でな」

オレを見つめながら、亡霊たちはいなくなった。

さて、これで心置きなくタマミを、といきたかったが、そうはいかない。

ゴールドの鎧を着た一団が、カルンスタインの門に集まっている。道を塞がれて、前に進めない。

「我々は、ペダン帝国の誇る大兵団である! カルンスタイン国に、我が国への襲撃容疑がかけられている!」

一難去ってまた一難かよ。

だが、海が割れるように、民衆が道を空けた。
妙にざわついている。

かと思えば、道を空けた連中が、跪き始めた。
役割を終えた神々も、姿を消していく。

一人の老人が、杖を突きながらトボトボと歩いてくる。
不審がる兵隊長の前に、老人はピタリと足を止めた。


カルンスタインの国王だ。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く