話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ヘルヴァ王女の最期

自分だけが助かろうとしているのか、ライニンガーで起きたことを語り始めた。

ライニンガーと言えば、大賢者テムジンを生み出した、偉大なる魔法都市である。
しかし、光あるところ影もまたあり、というべきか。
邪神のしもべ、リ・ッキまで排出してしまった。

「リ・ッキは、ライニンガーに保管されていた書物が人格化した魔物ですわ。悪しき感情を持っていた軟弱な魔法使いが、周囲を見返そうと邪教に手を染めたの。邪教の存在を書き記した書物は魂を持った。やがて、執筆者である魔法使いの身体を乗っ取って、この世界に魔物が現れた。こうしてノーライフキングは生まれたわ」

感情を持った物質、それがリ・ッキの正体だったのである。

「なるほど。元々この世界の人間じゃなかったのか」
「人間の心なんて持ち合わせてないわけだぜ」

リ・ッキを作り出した王国の烙印を押され、ライニンガーの信用は失墜した。
各国から締め出しを食らったのである。

「その最たる国が、ペダン帝国だね?」

カミュの問いかけに、ヘルヴァは饒舌に悪態をつく。

「ええそうよ! あの国ときたら! こちらが繁栄しているときはいい顔しおって。いざこちらの立場が危うくなったら、資金繰りを止めやがって! おまけに、最後の王家たるわたくしは、王国の呪いを一手に引き受けさせられて!」

ペダン帝国は、ライニンガーと取引をした。
ライニンガーを滅ぼさない代わりに、王家を追放せよと。

逆らえば、待っているのは異教徒狩りだ。

王家は抵抗したが、とうとう追放されてしまう。
王女は呪いまでかけられて。

「ライニンガーは、あなただけに不幸を押しつけたのか? すべて王家の責任だからと?」

サティが尋ねると、ヘルヴァは苦々しい顔をした。

「その通りですわ! わたくしは生け贄にされたのですわ! 国の存続のために! 父上は狂気に侵され、災いを取り除く方法を求めた。邪教が広めた災害だというのに、その邪教にまで、リ・ッキにまでしがみついて!」

彼女がこの世界を恨むのも、無理はない。
だからといって、許すつもりはないが。

「おそらく、その過程でキャンデロロ男爵は」
「リ・ッキに取り込まれたワケか」

男爵も、被害者だったわけだ。

「ほーお。では、すべてリ・ッキの策略故、と?」
這いつくばっているヘルヴァに顔を近づけ、サティが問いかける。

「そうよ。そうに決まっているわ! ワタクシはハメられたのよ! 全部罠! ノーライフキングのリ・ッキが仕組んだ、卑劣な罠よ!」
いひひ、といった引きつった笑いを、ヘルヴァは浮かべた。
「全部しゃべったわ! もう分かったでしょ? すべてはリ・ッキが悪いの!」

「よくわかり申した。では」

口元をつり上げているヘルヴァの顔面に、サティの爪先がめり込んだ。

「がは、なぜ」

サティの足が、困惑顔になったヘルヴァの頭蓋を踏み砕く。

「あなたに用はありません」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く