話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

世界一カッコいいガイコツ

異教の神々が舞い降りてきて、グールの排除に取りかかっていた。
さすがに顕現するには力が足りないのか、現れるのはほんの一瞬である。
とはいえ、神たちが齎す奇跡の効果は絶大だった。

六本の腕を持つ巨大な神が、グールを右の鼻の穴で吸い込んでいく。
穢れが浄化されたのか、左の穴から清々しい顔の人々が出てきた。ゆっくりと地面に降り立つ。

他の神々も、壊れた家々を直し、瀕死の人間を癒やす。
元通りとはいかなくても、八割方は修復を終える。

一団を先導しているのは、なんとサティである。
どこへ行ったのかと思えば。

「サティ、何があったの?」
不思議そうな顔で、カミュがサティに問いかけた。

「知り合いの神共を、片っ端から呼び出しました。絶大な魔力を消耗しましたが、今が使い時である、と思いまして。神の指令とあらばと、信者たちも来た、というだけのこと」

「どうして、神様に知り合いがいるの?」

「はあ。あのですねぇ、我が主」
更なるカミュの質問に、サティは呆れたようにため息をつく。
上司を上司と思わぬ態度だ。サティらしいが。

「皆さんは、ひとつ忘れてはいませんか?」
サティは、人さし指を一つ立てる。


「私はこれでも、神なんですよ」


なにこのカッコいいガイコツ。

コイツがカミュに敬意を払わない理由は、自分の方が偉いからか。
神と言っても「死神」だが。
とはいえ、神様ならば、神様の知り合いがいても不思議ではない。

「でも、王都と対立している神までが、集まってきているね」
「それだけ、キャンデロロ、つまりリ・ッキに不信感を抱くモノが多かったわけです」

リ・ッキが仕切っている悪党共を、オレが根こそぎ始末したことで、キャンデロロの組織が弱体化したのが原因だそうである。

「ノーライフキングは、敵を作りすぎました。彼はもはや、誰からも支持されていません。孤立した怨敵を今こそ始末しようではありませんか!」
腕を高々と上げて、サティが一団を鼓舞した。

地震のような歓声が沸き立つ。

「しかして、ヘルヴァ王女よ。退屈しのぎはお済みですかな」

全身を潰され、地べたに這いつくばっているヘルヴァを、頭上から見下ろす。
これ以上ない屈辱だ。

「王女、滅した国の姫の霊ともあろうお方が、こんな茶番にお付き合いなさるとは」

「邪神のせいよ! 全部邪神が仕組んだこと! ワタクシの復活も、無理矢理ですもの!」
サティを見上げながら、ヘルヴァが吐き捨てる。

「リ・ッキのせいで、我々ライニンガーがどんな目に遭ったか分かって!?」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く