話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

異界の光

「こうなったら、ここをメチャクチャにしてから、隣国もわたくし自ら攻め落として差し上げるわ! そうよ、ぜんぶ自分でやればよかったのよ! 人に任せたらダメね!」

余裕を取り戻したのか、ヘルヴァ姫はドラゴンを怒鳴りつける。

「さあ、やっておしまいなさい、ドラゴンゾンビ! 気に入らないヤツから踏み潰してぷぎゃあああ!」


ドラゴンゾンビは命令通り、気に入らないヤツを踏み潰した。


ヘルヴァ姫を。


何度も何度も。

「待ちなさい! わたくしじゃない!」
前足で踏み潰され続けながら、ヘルヴァは弁明する。

「いや、あんたを殴るので合ってるぜ」

オレの言葉に呼応するかのように、ドラゴンが吠えた。

「こんな奴に、我々ライニンガーの民は、命を捧げたのか!」
意思なき者のはずであるドラゴンが、人語を発する。

「しゃ、しゃべった?」
ヘルヴァにも、何が起きているのか分からないらしい。

「我々は、姫がどのような人物でも、尽くす所存でいた。それが何だ? 民をよき方向へ導くでもなく、用がなくなればお払い箱とは! なんたる屈辱!」
ドラゴンがストンピングを再開する。

「な、何が起きたの? どうして操り人形なはずのドラゴンゾンビが、わたくしに反抗を?」

「保険が利いたな」

オレはあらかじめ、メシュラの街で手に入れた剣に細工をしていたのだ。
カミュの杯に、自分の血液を注いで、剣に振りかけたのである。

おかげで、彼らは姫の呪縛から解放され、自由な意思を持つことができた。
オレの血を浴びた霊たちを、ドラゴンゾンビに突き刺すことで、ドラゴンを内側からコントロールできないか、と踏んだのだ。
ドラゴンゾンビが死霊をかき集めて作られたなら、できるはずだ、と。

結果は大成功。
ドラゴンを動かしていた死霊は、こちらに味方した。

「しかし、グールは凄い数だ。騎士団だけでは」
カミュが下を見下ろす。

騎士団の数を持ってしても、グールの勢いは止まらない。

力を取り戻したセェレも、苦戦している。


「ご安心を。カミュ様」
この声は、サティだ。


直後、雨が降ってきた。矢の雨が。
それもグールの集団だけに降り注ぐ。
魔法によって軌道を変えているのだろう。

教会の集団が、グールに浄化の魔法を放つ。

オレたちで助けた桜花団を始め、王都と敵対している信仰団体も、打倒リ・ッキのために集まっていた。手に矢を持って。

味方をしてくれている勢力は、それだけではない。

「見ろ、アレはなんだ?」「光っている。真っ暗なはずの空が、光り輝いているぞ!」「あれは、神々ではないか」

戦うことも忘れ、民衆が空を見上げる。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く