話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ヘルヴァ姫、乱心

「何があったんだ?」
「街の人達から、生気を吸い取っているんだ!」

セェレの必殺のハンマーが、解き放たれる。
「やめなさい!」

見事、鉄球はヘルヴァ姫の顔面にヒットした。

「ふん。人間の聖女風情に、わたくしが後れを取ると思いまして?」
ヘルヴァは傷一つ負ってていない。

「いくら聖女と言えど、所詮は人間! 我が放つ死の呪縛からは逃れられないわ!」
パラソルを広げ、セェレに向けた。

魔力を吸われ、セェレが膝を突く。

聖女ですら、あのアンデッドには対処できないのか。

「なんだよあいつ、不死身か?」
「ボクに心当たりがある。試してみよう!」

カミュがサーベルの先をヘルヴァに向ける。

「ジンギ 隠者レフトアローン!」
サーベルが銃と化し、ヘルヴァを撃つ。

ヘルヴァが銃弾を傘で弾く。

「やはり、あれは『弱点殺しの繊維』だ」

「なんだ、そりゃ?」

そんな便利アイテムがあるのか?

「自分の命と引き換えに、弱点をなくすアイテムだ。その代わり、本人は短命に終わる。放っておけば勝手に消滅するけど」

「ヤツはパラソルで人間たちの生気を吸って、延命していると」
「人を薪代わりにしているんだ」

最低なヤロウだ。

「邪魔をなさるおつもり?」

「ヘルヴァ嬢! あなたの怒りは、人々に向けられるべきではない!」
サーベルを構え、カミュがヘルヴァの胸を貫こうと突進していく。

「お説教を! 人間なんて、わたくしに従っていればいいのよ! メシュラの街のように!」
パラソルを開き、ヘルヴァは突攻撃を弾き飛ばした。

レンガを吹き飛ばしながら、カミュが転倒する。

「このドラゴンも、祖国ライニンガーやメシュラの人々から魂を抜き取って、それを動力として動かしている」
誇らしげに、ヘルヴァ姫は語った。
「それだけじゃない。我々が独自にメシュラで作り上げた大量のグール軍団が、今頃隣国を攻め落としていることでしょう!」

ほほう。

「そいつらなら、オレとカミュで全滅させたぜ」

「はあ?」

耳を疑っているようなので、ヘルヴァ姫さまに聞こえるようにもう一度言う。
「そいつらならな、オレと、カミュが一匹残らず始末したって言ったんだ」

「なんですって? はあ? ありえないわ」
ブツブツと、ヘルヴァは独り言を呟き始める。

「んだよ、使っかえねえなあ!」

子どものように、ヘルヴァが地団駄を踏む。
「なんか、どうりで隣国の動きが悪いなって思ったら、活動してねえのかよ! 命令聞けっての! マジ頭悪いなぁ!」

静観するは、姫のために尽力してきた魂でできたドラゴンゾンビだ。

「だそうだぜ、ドラゴンゾンビさんよ。それでも、このお姫様に従うのかい?」

暴れるのをやめ、ドラゴンは巨体を前進させた。姫のいる場に向けて。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く