話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

命あるもの、亡きもの

「ちょっと待てよ! なんでカミュが犯罪者にならなきゃいけねえんだ!」

「彼が、魔王カルンスタインの一粒種であると、容疑が掛かっているからだ。不本意ながら」

苦々しい顔で、カルンスタイン騎士長は話す。

「我々だって、見ず知らずの人間に容疑なんぞかけたくないさ。しかし、王国の中枢はうるさくてな。不安要素は排除したいんだという」

この期に及んで、保身かよ。

「貴君らの不満は分かる! しかし、隣国はカーミラの存在を認めているわけではないのだ。いつか、自分たちを脅かすのではないかと」

なるほど、隣国の顔色を伺って、オレらを人身御供にしようと。

「テメエら、ふっざけんな」
カミュを庇うように、オレは前に立った。

後ろからカミュがオレをどかそうとする。

だが、オレは下がらない。

「オレら命亡き者が、命賭けてんだ! 命ある者を守るためにだ! なのに、命ある者どもはそれを無視して、オレらを排除するのかよ! よってたかって邪魔者扱いしやがって!」

「トウタス、やめろ! ボクが出頭すればいいだけのことだ」
観念したかのように、カミュが後ろからしがみつく。

「離せよカミュ! 親分ったってなぁ、つけなくていいケジメだってあるんだ! こいつらの言い分なんざ無視しちまえ!」
オレたちが言い争いをしていると、

ソフィーが、転がるように屋敷から出てきた。
「大変よ! 街じゅうに火が!」

山の下にある王都が、火災に見舞われている。

考える余裕すら、与えてくれないのかよ。

騎士の一人が報告に来る。王都に大量のグールが現れたらしい。なんと、隣国も同様に、グールの襲撃を受けているらしい。

「見ろよ。これが奴らの、リ・ッキのやり方だ。混乱に乗じて火を放つ。隣国はオレらに因縁をつけてくるだろうぜ!」

オレはカミュの手首を引く。
「話は後だ。今は、街を救うのが先決だろ!」

騎士たちに向けて、オレは言い放った。
「逃がさんぞ。囲め!」
騎士団長の号令がかかり、兵隊がオレたちの行く手を阻んだ。

どうする、強行突撃するか? そうなれば、確実に王家と対立してしまう。
「どいてくれ、決着は街をなんとかしてから」

懸命に説得するも、騎士たちは引き下がらない。お役所仕事が!

爆音が轟き、一台のバイクがオレの前に降り立つ。
「載れい、二人とも!」
馬の嘶きを真似るように、ウィリーした。

「我こそはハイモ・ヘルツォーゲンベルク! 古き友の遺した城を悪鬼の群れから奪還すべく、助太刀致す!」

勢いに負け、兵隊が鉄壁の隊列を崩す。

「参ろうか! ワシも彼の地を踏むのは久しぶりぞ!」
風を切るように、バイクが疾走した。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く