話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

とらわれのタマミ

「ひょっとして、トウタスもアンデッドなのかな、って思っちゃった」

カミュも、俯きがちになる。

「わたし、トウタスの味方だよ。どんなことがあっても。でも、教会が二人をどう思うかは、わたしにも分からない。わたしは、教会の意向には背けない。フェルダ神に背く行為だから」

「お前に悪気がないのは、分かってるさ」

「ありがとう。でも、もしトウタスがゾンビで、フェルダがゾンビを受け入れないなら、トウタスとの関係も断たなければならない。最悪、浄化しろとの命令だって下ってしまう。ごめんなさい、トウタス」

隠し通せないことは、分かっていた。
ここが、潮時なのかも知れない。

「本当のことを話して。わたしは、あなたを失いたくない」

「分かった。オレは……」
オレは話そうとする。

「彼は、我々の同胞だ」
別方向からの声が、オレの発現を遮った。

「この二人は、我々を助けてくれた恩人だ。おまけに宝も取り戻してくれた。それでいいじゃないか」
「セェレ、この際、彼が何者かなんてどうでもいい。我々は協力するべきだ」
「そうそう。すべては男爵との決着が付いてからで」
桜花団の全員が、オレをかばってくれている。

「そっか、そうだよね」
目に迷いがあったセェレにも、ようやく笑顔が戻った。

「でも、トウタス。約束して。嘘は、つかないで」

「セェレ、分かったよ。お前らも、ありがとうな」

桜花団が、「いいって」と、帰してくる。


「トウタス、大変だ!」
カミュが空を見上げた。

倉庫の屋根の上に、二人の人影が。

半透明のドレスを着た女性が、宙に浮いていた。
身体すら透けている。内臓は見えない。全身がガラスでできているようだ。

もう一人の方は、全身鎧の騎士である。

「オーッホッホッホッ! 哀れなこと。弱き者同士が慰め合っておるわ」
ドレスの女性が、パラソルをクルクルと回す。
「あの鬼めに手柄をくれてやるのは惜しいと思って戻ったら、ちょうどいい土産ができたわ」

透明ドレスが指示を出すと、騎士がこちらまで飛び降りてくる。

騎士の腕の中には、タマミとソフィーがいた。

「逃げてお兄ちゃん!」
「タマミ!」

駆け寄ろうとしたが、騎士には隙がない。
カミュの行動にまで、目を光らせている。

「あれは、ジャガンナートだ。神の戦車とも言われている。上位魔族に装備させて、操っているようだ」

カミュですら動けないとなると、油断ならない相手のようだ。

セェレも動こうとしたが、人質を取られている以上、ヘタな行動に出られない。

「でも、二人もだと、ちょっと荷物ね」
透明ドレスは、ソフィーとタマミを交互に指さす。

「年増はいらないわ。盗賊みたいだし、変に嗅ぎ回られる危険があるし」

まるでゴミを捨てるかのように、ソフィーを放り投げてきた。

「このおチビちゃんだけいただくわ。さぞ、おいしいディナーになるでしょ」
「テメエ!」
「リ・ッキから伝言よ。もしこの娘を返して欲しければ、ビシャモン天の杯と交換すること」

カミュが、懐に手を当てる。

「そんなこと、できるわけねえだろ!」
「こちらもすぐに返事をくれとは言わないわ。でも、悩んでいる間にこの娘が無事という保証はないわ」

タマミから、不安そうな表情が浮かんだ。

「まあ、よく考えることね。それじゃあ、お邪魔したわ」
奴らの周りに、霧が立ちこめる。

「待ちやがれ!」

「来ちゃダメ!」
助けてとも言わず、タマミは尚もオレを気遣った。

霧の中に、二人のアンデッドが消えていく。

「ごめんなさい。タマミちゃんを守れなかった」
「お前のせいじゃねえよ、ソフィー」

全部オレのせいだ。オレがタマミを連れ出さなければ。

「オレはまた、守れなかった」
「自分を責めすぎるな。何も上手くいかなくなる」
「そういうことじゃねえんだ」

今度こそ、取り返す。

「オレはもう失わねえ。樺島かばしま 尊毘とうたすの妹を」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く