話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ヤクザ 対 鬼!!

剛毅ビシャモンを展開し、鬼山伏と対峙する。

にらみ合いが続いた後、意を決してぶつかり合う。

相手の金剛杖を受け流し、ドスで斬りかかった。ハイモ卿とのトレーニングで、敵の攻撃をさばく技術を身につけていたのだ。

金属音と共に、ドスが手から離れる。

オレの右手首から先が、なくなっていた。

金剛杖は二つに分かれている。
片方には、細身の刀身が覗いていた。

「仕込み杖か!」
「力だけではないのはお互い様よ!」
金剛杖と仕込み杖の二刀流で、鬼山伏が攻めてくる。

オレもダッシュして立ち向かう。
身体を低くして、横一文字をかわした。

だが、オレのパンチもかわされる。

視線の先に、一匹のグールがいた。
オレの腕を食おうと、大きく口を開けている。

「うわああ、食うな!」
ダッシュの勢いを付けて、オレはグールを殴り飛ばす。
間一髪、腕を取り返した。

『これまでの戦いで、ジンギ・剛毅ビシャモンがアップグレードされます』

なんだ、この脳内音声は?
頭に浮かんできた説明文によると、オレというか、ビシャモン天のレベルが上がったらしい。

「何を呆けておる? しかと死の方角を向けい!」
背後から、青鬼が向かってくる。

「せい!」
四つん這いになったまま、鬼山伏に、空手の蹴りを食らわせた。

キックはクリーンヒットし、山伏の脇腹を砕く。

今までがチビだっただけに、思いのほか、リーチが少し伸びた気がする。

「面妖な。急に威力が上がったぞ!」
鬼山伏も、オレに何が起きたか分かっていない様子だ。

もう一発、と行きたかったが、ガクンと力が抜けた。

「うわ、しまった。消耗も早いのか!」
このままでは、まずい。

鬼山伏の背後に、橋が見えた。
誰かが、オレに向けて手を上げている。
口をパクパクとさせながら。

瞬時に、オレは鬼の右目を打ち抜いた。
「ぬうううう!」

右目を押さえ、山伏は苦悶の表情を浮かべる。

オレの刀はミ・スリラーという希少金属製だ。
それに対して、銃の方に特殊な要素は皆無。威力は低い。
が、相手の視力を奪う程度には役立つだろう。
早打ちも訓練したし。

「ま、まだまだぁ!」
尚も、鬼山伏は諦めない。

しかし、直後、死角から飛んできた何かに、鬼は身体を突き飛ばされた。今度は、山伏の方が壁にシミを作る羽目に。

さっき右目を潰したのは、「そういう指示を受けたから」だ。
「相手に死角を作ってくれ」と、読心術で。

「人の友達に、なにしてくれているんですか?」

ニコニコしながら、修道女が鬼山伏に歩み寄った。

手にはモーニングスターを持ち鉄球を尋常ならざる速度で振り回している。

腐女シスターのお出ましだ。

笑顔が怖い。本気で怒っている顔である。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く