話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ヤクザと異国のサムライ

取引の日を迎える。

オレたちは、港に近い倉庫の天井に張り付いて、取引の様子を伺っていた。
今日は満月だ。できるだけ光を避けるように、注意を払う。

港に現れたのは、商人だ。男爵と接触するため、泳がせておいたのである。

背の高いひげ面の男が、船に近づく。髪型はオールバックで、胸板が厚い。
あれが。キャンデロロ男爵か。
似ている、リキに。リキを筋肉質にした感じだ。

キャンデロロは、取り巻きを男女二名連れていた。
男の方は青鬼の山伏である。
女の方は、服が透けていた。とはいえ、身体部分から向こうの景色が見通せる。全身が結晶でできているらしい。夜なのに日傘を指している。

「あの女は、スケルトンだね。筋肉の方が透明なんだ。でも、どこかで見たような」
顎に手を当てて、カミュは考え込む。

まあいい。当面の目的はリ・ッキだ。
キャンデロロがリ・ッキかどうか。

「タマミ、何か分かるか?」

ブンブンと、タマミは首を振った。
「分かんない。でも、二つの魂が同居しているのは確かだよ」

そうか、こいつはリキの顔を知らない。
ヤツの写真も一緒に転生できればよかったのだが。
それでも、この世界にも写真の技術はなさそうだし。

「間違いねえ。あいつはリキだ」
手のクセで分かった。
リキは、何か企んでいるとき、葉巻を浪人回しするんだ。

「船の積み荷が、魔法の道具だろうね」

呪いのアイテムを集めてるって、ソフィーも言っていたな。

積み荷を確認すると、キャンデロロは満足そうな顔を浮かべた。
次の瞬間、どこからともなく現れたグール共に、商人は食われてしまう。

「ひでえ」
オレは顔をしかめる。

「よし、タマミはソフィーと一緒に帰ってろ」
ソフィーにタマミを預けた。

「ツッコむぞ、カミュ」
「待って!」
カミュがオレの肩を掴む。

下を見ると、刀を構えた数名の集団が、取引現場を囲んだ。全員が、ピンク色の羽織と紺の袴で統一している。この間街で見かけた、サムライ集団だ。

「我々は、カジイドラ国のサムライ衆、桜花団! 奪われた魔法道具、奪還に参った!」

桜花団に、グールが向かっていく。

屍鬼などものともせず、桜花団は切って捨てた。

「キャンデロロ、おとなしく魔法道具を返せ! 返せばここは見逃す!」

「さよか。ほな」
キャンデロロが、山伏に指示を送る。

金剛杖を振り回しながら、山伏は桜花団へ突撃した。

桜花団の刀で応戦する。
しかし、グールを両断する自慢の武器さえ、あっさりと折れてしまった。

「無茶だ、人間がオーガ族を相手にするなんて」
戦況を見ながら、カミュがわずかに身を起こす。助けに行く気だ。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く