話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

黒幕は病弱姫

ウィスプの取り憑いた武器を持ち帰る。

合流地点のオープンカフェでは、ハイモ卿がくつろいでいた。
彼には帰りもあるのだ。休めるウチに休むのも仕事か。

「なんか、姫様とか言っていたのが、気になるぜ」

ハイモ卿に、事情を説明する。

「ふむ。この紋章、どこかで」
卿が、確かめるように剣を弄ぶ。
剣に飾られた紋章に心当たりがあるようだ。

「もしや、ヘルヴァ・ライニンガー姫殿下ではないかのう?」

テーブルの上に置かれている、ハイモ卿の生首が語り始める。

「ライニンガーとは、遙か北にある雪に覆われていた都市じゃ」
ハイモ卿の口調は過去形だった。
つまり、もうその街は存在しないのである。

「待ってくれ! ライニンガーって言やあよぉ、カミュ!」
「ソフィーが教えてくれた、キャンデロロ男爵と接点のあった国だね」

世界有数の魔術国家であり、これまでも多くの魔導師が、ライニンガーの地で生まれたという。

「ライニンガーには、ヘルヴァという名の美しい姫がおったそうな」

しかし、病弱な彼女は、家から一歩も出られなかった。
噂では、今まで魔法に頼ってきた反動が、王族の一人娘にすべて降りかかったのではないか、と。

不憫に思ったライニンガー王は、冒険者を募り、世界各国から長寿の秘宝をヘルヴァ姫に与えた。
そのコレクションは、ハイモ卿や先代カルンスタイン王の比ではなかったとか。

だが、その努力も空しく、姫は若くして亡くなった。

跡取りを失ったライニンガーは、地図から姿を消す。

「冒険者の一人に、男爵もおったというのう」
それが、リ・ッキか。
宝探し中に、リ・ッキの魔力が籠もったアイテムを手にした可能性が高いと。

「黒幕はヘルヴァ姫か。手にしたアイテムからリ・ッキと手を組んで、わざと死んだ」

「ありえるのう。彼女は生きとし生けるものすべてを憎んでおった。リ・ッキとの相性は抜群じゃ。共に世界の転覆を狙っておってもおかしくはないわい。あの手際の良さ、男爵にしては膨大すぎる、統率力と資金力の高さ」

カミュとハイモ卿は、ヘルヴァって姫が事実上のボスと割り出しているらしい。

「だったら、その姫ってヤロウも」
「うむ、アンデッドじゃのう」
「で、この街を襲って、住人をウィスプで取り込んだ」

いくら小さな国とは言え、これだけの規模をアンデッド化するなんて。

「凶悪で、強力な相手だ。油断できない」
「なんて残忍なヤロウなんだ。危険すぎる」

オレは、ハイモ卿から剣を借りた。

「卿のオジキ、この剣だけど、オレに譲ってくれねえか?」
「それは構わんぞ。じゃが、どうした? 紋章以外は、特に変わった特色なんてないぞい。普通の剣じゃて」
「まあ、見てなって」

オレは、この剣に「保険」をかけることにした。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く