話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ウィル・オ・ウィスプ VS ヤクザ!

オレたちはメシュラの荘園へ足を踏み入れた。

庭に咲いている花が目に入る。
「見ろよ、この花」

咲いたまま死んでいた。
写真が実体化したのかと思うくらいに生気がない。

中は、見事に何もない。すっからかんだ。クモの巣まで張っている。クモも、同じように剥製状となって死んでいた。

もう何年も手入れすらされていないくらいに朽ちている。
数日前に滅んだばかりだというのに。

「魂だけ抜き取られた感じだ」
「人が住まなくなったらこんなもんさ。ましてやアンデッドが住まう街なら尚更ね」

領主の間に到着する。

壁には、武器が立てかけられていた。どれも統一感がない。世界中から珍しい武具が集められたものらしい。

「手裏剣まであるぜ」
「彼も、コレクターだったみたいだね」

そこには、一本の大剣が飾られていた。
剣と言うよりナタに近く、不気味なオーラを纏っている。
違う。これは、気配じゃない。実体がある。

「誰じゃ。我らが姫様の領地に足を踏み入れるのは?」
赤い火の玉の集合体が、剣に取り憑いていたのだ。

「剣が生きてやがる!」
「ウィルオウィスプか! それにしては大きすぎる!」

壁中に飾られた武器一式が、火の玉に集まってくる。
中央の剣を取り囲むように。
かと思えば、一斉に切っ先をこちらへ向けてくる。

「我らはグールのようにはいかぬぞ!」

武器が一斉にこちらへ殺到してきた。ナイフが、手裏剣が、槍が、同じスピードで迫る。

剛毅ビシャモンで、すべて弾き飛ばす。
「あまり広範囲にエネルギーを使わない方がいい」

分かってはいるんだが、この数をピンポイントで弾けるかどうか。

「調子に乗りやがって。くらえ!」
反撃に、亡霊銀で斬りかかる。

オレの一撃は、無数の武装に遮られた。

「ムダだ、我々は一つにして全。無数の魂の集まり。それは姫様の手となり足となる」

姫様だぁ?

だが、今は考えている暇はない。
「どうやって倒すんだよ!」
「弱点はあるはずだ!」
武器を弾きながら、思考を巡らせる。

「あの剣ヤロウは攻撃してこない!」

一番大きくて強そうなのだが、中央で突っ立ったままだ。

「そうか。武器を操っている間は動けないんだ!」
メモリ不足ってワケか。

「ヤロウを引っ張り出す! 剛毅ビシャモン!」
オレは、ビシャモンの力で、全身をコーティングした。

「何をする気だ、トウタス? まさか!」

「さあ、きやがれ!」
中腰になって、殺到する武器を迎え撃つ。

「無茶だトウタス。逃げろ!」
オレは、カミュのアドバイスを無視した。

全ての武器が、オレの身体に突き刺さる。

「い、っってえええええええええええ!」
さすがに、霊力のこもった武器は、痛みを感じるらしい。

「トウタス!」
カミュが悲痛な叫びを上げた。

「大丈夫だ。これくらい、どうってことねえよ!」
踏ん張って、オレは武器が逃げないように、自分の身体を抱きしめる。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く