話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

おっ母なんて、いねえんでぃ!

「兵の一人が、銀髪のお主を見かけたと。あまりにも、生前の伯母そっくりだと」

「人違いでございます」
きっぱりと、強い口調でカミュは言った。

「では、カーミラ・カルンスタインという女性の名前に、心当たりは?」

「さて」と、カミュはとぼける。「まさか、そのお方が権力ほしさに、王様のお命を狙いになると?」

「敵の正体が謎に包まれているのだ。私は敵も多い。魔族と共に歩む道を決め、腹をくくったつもりだが、疑心暗鬼になっている。そこで」

一旦言葉を置いて、国王は大きく深呼吸をした。

「もし、カーミラ殿がご存命なら、本心を聞きたいと。望むなら、国の一部を納める許可も」

「……は? 王様、今、なんとおっしゃいましたね?」

まずい、王様、あんた地雷踏んだぞ。

「私は、彼女に殺されても仕方ない。せめてお話だけでも聞きたいと。おそらく生きていれば、お主とそっくりの顔になっているはずである。よって、探してもらっていたのだ」

「なに言ってやんでい!」
カミュが激怒の声を上げた。

「なにが、今更カーミラだ? 誰が跡継ぎだと? 笑わせんじゃねえ!」
べらんめえ調が、ますます強くなる。

「き、貴様!」
騎士たちが一斉に槍を向けてきた。
だが、かかってこない。
オレたちに敵わないと分かっているからだろう。

「そのカーミラ何某でしたか、きっとこう言いましょうや。テメエの地位なん興味ねえって。魔物と人との間に生まれても、血筋は関係ねえ、ってな!」
カミュも、殺されるのを覚悟で語る。

が、カルンスタイン王は納得しない。
「しかし、その瞳、目鼻立ちは、まさしく先代エリザベート姫の血族」

「おいらにおっ母はいねえんでい!」

王を拒絶するかのように、カミュは語気を強めた。

「生まれたときから、あっしは親なしでござんす。国王のご先祖様に似ているというのは光栄です。が、他人の空似でしょう」

おそらく王様は、これまでの義理立てしようとする。
王家の重要なポストに、カミュを立てようと。
おそらく不自由しているであろうと思って。

だが、カミュは首を振った。
他の王族に対して、仁義を立てたのだ。
ヘタに「自分は王族の血統だ」なんて認めれば、国王の威厳は崩れ、確実に混乱を招く。
見ず知らずの混血魔族を王に立てたとあれば、国家の威信など軽く消し飛ぶ。
となれば、ペダン帝国が調子に乗って攻めて来かねない。

黙っているしかないんだ。
喋り方まで捨てて、赤の他人を装うしか。
認めてくれている人はいるのに、自称はできないのだ。

「オレのおっ母はね、月にいるんだ。会いたくなったらお空を見上げまさあ」
カミュは、そう締めくくった。

やりきれねえ。男だぜ、あんた。

「疑ってすまなかった。では、気をつけて帰宅するように」

城から帰され、オレはカミュと出店巡りをする。
少し、羽根を伸ばしたい気分になったからだ。

「とにかく、まだ取引まで時間がある。メシュラに急ごう」
苛立たしげに、カミュが急かす。

が、オレは引き下がらない。

また、宿に戻ったら慌ただしくなるから。話をするなら今だ。

「いいのか、カミュよぉ」
帰る際、カミュに尋ねてみた。

「いいんだ。ボクはこの国が平和なら、それで」
足を止め、カミュは月明かりを見上げる。

「決めた。ボクは、両親が残したこの国を命がけで守るよ」
「それが、お前さんの決意なんだな。後ろ盾もなく、帰る故郷まで自分でなくしちまって」
「キミ達のいる場所が、ボクの帰る場所だ。カルンスタインとか、なんとかなんていう、国名じゃないんだよ」

カミュは子ども時代、孤独を感じていたという。
仕える者すべてが、カルンスタイン国王だけを見ていたからだ。

自分は添え物。

そんな気持ちが、カミュを支配していたという。

「両親を亡くして、ボクは孤独になったと思い込んでいた。でも、サティがずっと仕えてくれて、キミと友達になって。タマミちゃんまで。だから、今は少しも寂しくないんだ。誰かと繋がるってさ、こういうことなんだね」
「そうだな。賑やかになったもんだぜ」

「キミがそうしたんじゃないか。アハハ」
笑いかけながら、カミュはオレの肩に手を置く。
「ありがとう、キミがいてくれて、ボクはどれだけ救われたか」

「おう、おううう」
言葉にならない声が、オレの口から漏れた。

「泣くなよ、みっともない」
カミュに指摘され、ようやく自分の状態を知る。

「いや、これは、オレのじゃねぇ」

オレの頭に、水の一滴が落ちた。

鉛色の雲が空を覆い、小雨が降り注ぐ。

手を広げながら、オレは雨を顔から浴びた。
「へへ、見ろよ。お月さんがもらい泣きしてらあ」

「濡れて帰ろうか」と、カミュも返す。

宿までまだ距離があるのに、雨脚はドンドン強くなっていった。服も重くなる。
なのに、清々しい気分だ。

「どうしたの、二人とも、ビショぬれじゃない!」
「おにいちゃん、かぜひいちゃう!」
宿へ帰宅後、濡れネズミになったオレたちを、ソフィーとタマミがタオルで拭く。

「ちょっとバカをやってな」
「まったくだね」
オレとカミュは、二人で笑い合う。

「なあ、タマミ、すまんが、しばらく戻らねえ」
急に真面目になったのが妙だと悟ったのか、タマミも真剣な顔になる。
「ボクたちは、メシュラという街へ、調査に向かう」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く