話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

消された街

人に統治され、人と魔族の平和が維持されている。
理想の世界と言えた。

その王は人間だ。
人間が、カルンスタインの名を名乗っている。
本来、カミュが統治するはずだった国を、人間が。

カミュにガマンできるのだろうか。

侮辱と捉えたのだろう。兵隊の一人が前に出ようとした。

国王が制する。
「此度の活躍、誠に感謝する。其方たちがおらねば、賊を捕らえられなんだろう。心から礼を言う」

「もったいなきお言葉でございます」
あくまでも冷静に、カミュは応答したように見えた。

だが、側にいるオレには、カミュがいかに無理をしているか分かる。

「実は、キミらを呼んだのにはワケがあるのだ」
国王に語らせては話が進まないと思ったのだろう。
騎士のリーダーが前に出て、オレたちに話を振ってきた。

「先月、北東の小さな街、メシュラが、一瞬で灰と化したのだ」

そこは緑溢れる大地だという。
自然と一体化した建築技術によって、「世界で最も美しい街」のひとつとも数えられているそうだ。
今では、草一つ生えない廃墟と化しているのだとか。

「我々は、強力な力を持つアンデッドの仕業であると睨んでいる」

「それが、あっしらだって仰りたいんで?」

なるほど。
名の知れた冒険者が、観光でここに来るわけがないと。

「そうじゃない。どうも、先ほど捕らえた賊も、メシュラを襲った一味の一人らしいのだ。キミらとの関係は薄かろう。しかし」
そこで、リーダーは言葉を止めた。

「隣国のペダン帝国から睨まれる事態となったのだ。メシュラの街はペダンと接点があった。排他的な思想もな」
国王が後の言葉を引き継ぐ。

それで、魔族と親密なカルンスタインが疑われたと。

「で、だ。我が国の存在を快く思わぬ奴の仕業ではと結論づけた。浮かび上がったのが、強力な魔力を持つ魔導師、あるいはアンデッドに心当たりがあるのではないか、と」

「リ・ッキ」

カミュの言葉に、国王が頷いた。

「左様。我は、かつてこの地を恐怖に包んだアンデッドの王、魔導師リ・ッキではないかと睨んでいる。そちの意見を聞きたい」

「おそらくは、それが正しいかと」
国王の問いかけに、カミュは肯定の返事をした。

「祭りの日も近い。民に不安を与えぬよう、我々も調査を進めている。何かあれば、報告を頼む」
リーダー騎士の要求に、カミュは頷きで返す。

「仰せのままに」

早々と話を切り上げ、カミュは立ち去ろうとした。

その瞬間。

「しかして、銀の髪の其方よ。もしかすると、我が先祖、エリザベートの血を引いてはおらぬか?」

来た。もっとも恐れていた質問が。

「それはどういう意味でございましょう?」
言葉の圧が強い。

重い空気に押しつぶされそうな気分になる。

ああもう。せっかく穏便に済ませようと思っていたのに。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く