話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

お控えなすって、国王!

翌朝、宿を出ると兵隊に囲まれた。
槍先を向けられこそしなかったが、道を塞がれるのはいい気分ではない。

「なんだ? オレたちに何の用事だ?」
こんな時、イヤな態度が表に出てしまう。

「王様が、キミらに会いたがっているそうだ」
背筋が凍った。

「なあ、オレらがアンデッドだって知られたか?」
カミュに小声で話す。

「いや、何も心当たりがない」とカミュは首を振った。
オレたちはアンデッドだが、デイウォーカーだ。
日中でも普通に出歩ける。
悪いことはしていないし、そう思われる落ち度もない。
誤解はされても、処刑される理由はないはず。

一人の兵士が、前に出る。
セェレに話しかけていた兵隊だ。一際大きな男性騎士である。

「貴君らに会いたいという方がおられる」
「それは、一体どなたで?」

「国王陛下だ」

斧で頭をかち割られた気分だ。
なぜ、国王陛下が?

オレたちは、王宮へ連れて行かれた。

タマミはつれてきていない。
宿で、ソフィーについてもらっている。

王宮は、豪勢とは言い難い。
しかし、管理や防衛が行き届いているのは分かる。
豪華さの維持より、地道な国防意識を持っているのだろう。

偉いさんのホーム独特の、ヒヤリとピリつく空気が漂ってくる。
悪いことをしていないとはいえ、この緊張感は堪える。
生きていることさえ責められているような。

「トウタス。回りに流されるな。顔に出ているよ」
「マジか」
ほっぺたを揉んで、顔の筋肉をほぐす。
「おい、あの肖像が見てみろよ」

どうも、国王と家族が描かれているようだ。
正面に国王と王妃、エリザベートによく似た女性の横に、一番チビが、中指を立てて舌を出していた。

「あいつ、モヒカンだぜ」
「王族って案外フリーダムなのかも知れないね」

カミュと話し合っていると、私語をやめるよう、兵隊から注意を受ける。
「もうすぐ、国王の間である。無礼は慎むように」

もう九〇になろうとしている老人が、玉座に腰掛けていた。
「私が、この国の王、カルンスタイン一世である」
思っていた以上に、威喝感のない、優しい声色である。

一瞬だけ、カミュが眉間に皺を寄せた。
「名を聞いていなかった。教えてはくれまいか」

まさかとは思うが、国王は、こいつをカーミラ・カルンスタインと知っているのか? カマかけているつもりでは?

深く、カミュは腰を低くした。
騎士みたいに膝を突くのかなと思ったら、違う。

あれは、仁義を切るポーズだ。

「お控えなすって、国王様! あっしは、しがないクルースニク。カミュ・シェリダンと申します」

口調まで変わっていた。
カミュのべらんめえ調なんて初めて聞いたぜ。

「お、お控えなすって」
カミュにならって、オレも仁義を切る。
だが、こちらの方が気後れしてしまった。

「私は、血統で言えば、エリザべート妃の弟の息子に当たる。既に父はフェロドニアの領主だったので、私が、カルンスタインを納める形になったのだ」

「それがあっしと、どう関係があると仰るんで?」
苛立たしげに、カミュが口を開く。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く