話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ソフィーの本気

ソフィーは商人の隣に座り、小鳥のように歌をさえずる。
耳元でささやきかけられて、悪徳商人はすっかり舞い上がる。
なんでもベラベラと語り出す。

オレは、悟りの境地に達した。
細身の巨乳は正義なんだな、と。

「あんた、踊り子の素質があったんだな? ソフィー」
「元々こっちの出なの、あたしは」

その昔、ソフィーは踊り子として、酒場を癒やしていた。リュートを奏でれば、立ち止まらない客などいなかったという。

さぞ、男たちの視線をさらったに違いない。

恋人だった貴族とも、酒場で知り合ったという。
その恋人がキャンデロロの敵となったことで、自分も転職してシーフになったそうな。

「それでな、キャンデロロの素性なんだが」
キャンデロロの屋敷は、カルンスタインと隣国との境界線に位置する。

「今は、隣国との接点はないみたい」
かつては、よく流通をしていた。
けれども、よすぎる性格からか、敵が増えすぎたらしい。

「どちらかといえば、ライニンガーという国と接点があったらしいわ」

「北方にある魔法大国だね。つい最近滅びたって噂があったよ」

聞けば、ライニンガーも、キャンデロロの屋敷に近いとか。

「昔は、それこそ優しい紳士だったそうよ。だけど、ライニンガーの王様と関わった直後、人が変わったように侵略的な性格になったの。今から数年前の話よ」

ソフィーも怪しんで、周辺を調べ回っていたが、詳しくは分かっていないという。

「信じられない話だけど、何者かの魂が乗り移ったんじゃないかって。そんなことありえるの?」

ありえる。オレは転生してこの世界に生まれた。

「それだと、何か触媒が必要じゃない? 確かに、キャンデロロ男爵は美術マニアって聞くけど。さっきの商人も、古美術商なのよ」

とはいえ、出所不明の骨董品を扱っているため、あの商人はネエチャンのいる店ではなく、こんな店で飲んでいるわけだが。

ソフィーの言葉に、オレはピンときた。指を鳴らす。

「決まりだな。リキのヤロウ、美術品に目がねえんだ。特にオカルトじみた怪しい芸術品とか、めちゃ集めてたな」

それも、全然美術的な価値のないヤツを。
頭に血の付いたマネキンや、誰が書いたか分からない絵画などである。

「何考えてんだか。秘宝館でも建てるのかっての」

「お兄ちゃん、ひほーかん、ってなに?」

子どもは食いついてはいけませんっ。

「大人でも理解できない芸術品を飾る屋敷だ。子どもが入っても楽しくねえよ」

そっかー、と、タマミはつまらなそうにミルクを飲む。

「これで謎は解けたね。別人が成り代わっているとしたら、全部説明が付く」

「後付け設定、ってワケか」

「ま、まあ、そうなんじゃないかな……」
一瞬、カミュは首をかしげた。
だが、オレの言いたいことを大体は掴めたらしい。

カミュによると、リ・ッキは憑依によって出現した可能性があると。
もしリ・ッキがキャンデロロであり、オレの知っているリキだと分かれば、敵はキャンデロロ男爵に絞れる。

だが、それを確認するためには、男爵の近くにタマミを連れて行かなければならない。

もし、相手に知られたら危険だ。
「商品を確かめるために、キャンデロロ男爵も現れるそうよ。うまくいけば、接触できるかも」

一週間後、カルンスタイン南にある波止場で落ち合うらしい。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く