話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

おめかしゾンビ作戦?

キャンデロロ男爵と隣国との間に接点があるのか、調査する。
賑やかになる夜まで待って、酒場へ。

「連れてきたよ」
タマミが、商人タイプのゾンビを連れてきた。

酒場の外で、商人ゾンビと打ち合わせを。
「奥に座ってるひげ面の商人、キャンデロロと組んで荒稼ぎしているそう。隣国にも詳しい」
カウンター奥にいる客を、商人ゾンビは指さす。

ヤツは、とびきり強い酒をあおっていた。高そうなチーズをツマミにしている。

「気分よく酔っているね」
「どうするの、お兄ちゃん? おとなの人にお話聞くのって大変そう」

ここは、元ヤクザの本領を発揮するところだな。
「心配するな。オレにいい考えがある」
オレはサムズアップで、二人の心配を振り払った。

女装したオレ、カミュとタマミが、順にカウンター席へ座り、悪徳商人を目で射る。
オレとタマミの服は、カミュのクローゼットから拝借した衣装だ。
どうよ、最高の作戦じゃないか。

「ミルクでも飲んで帰んな」
オレたちのウインクを無視して、商人は不機嫌そうに鼻を鳴らした。

退散し、プランを組み直すことに。
「なんだよ。目一杯、露出を意識したってのにさ」
自棄になったカミュが、ゲソを肴にミルクをあおる。

どうもあの商人、オレたちの魅力に気づかないらしい。

元々女性であるカミュはいい線いっていると思ったのだが。
タイトスカート姿なんて初めて見たぞ。これはレアだ。

「ヴァンパイアには、魅了能力があるって聞いたが?」
「子どものボクには備わっていないよ。あったとしても、使えば怪しまれる。リ・ッキ絡みなら、相手もアンデッドに詳しいわけだし」

オレの作戦ミスだった。
カミュを当てにしていた段階で詰んでいたのだ。

「お前は飾らない所が魅力だからな。無理ないぜ」

オレが慰めると、どういうわけかカミュがむせた。
「キミねえ、もうちょっとTPOをわきまえたまえよ、まったく」
カミュがミルクで喉を潤す。
ゲソが変な所にでも入ったのだろう。

「ごめんなさい、お兄ちゃん。わたしがいるせいで」
白いワンピース姿のタマミが、カミュにならってミルクのジョッキをあおろうとする。
持ち上がらなくて、結局チビチビと啜るが。
自分も役に立ちたいと張り切って、ケバい化粧までしていた。

「気にするな、マリリン・モンロー。奴さんのせいだからよ」

妹にべそ書かせる商人の野郎が悪い。
少々荒っぽいが、強引にでも吐かせるか。

オレが相手の胸ぐらでも掴もうと思った刹那、妖艶なリュートの音色が耳を撫でた。

思わず、オレも聞き惚れてしまう。

青白い肌を持った踊り子が、リュートを持って現れる。
スケスケのジャケットとズボンの下にはビキニだ。耳や首に、金細工の装飾品が光る。彼女が回る度、装飾品が音を鳴らし、店内の明かりを反射させた。
妖精が現れたのか、と思わせる。

「ソフィーさんだ!」
同性のタマミでさえ、憧れの眼差しを向けてうっとりしていた。
言われてみれば、そうだ。

スケスケのスカートにビキニ姿だから、誰だか分からなかったが、確かにソフィーだった。
なまめかしく踊り、大人の恋を歌う。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く