話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

腐女シスター再び

「待て待てぇ」
ドタドタと、噴水広場を駆ける巨乳がひとり。

そういえばコイツ、力仕事は得意だが、足は遅かったな。
だから、自走式の鉄球を武器にしているのか。

「あれ、悪者さんは?」
セェレは、辺りをキョロキョロする。

オレは、役場を指さす。
兵隊が悪党を役場内に押し込んでいる所だ。

「ぜえ、ぜえ、よかったぁ。どなたか逮捕してくださったんですね」
安堵の表情を浮かべる。
「あれ、トウタス? それにカミュ君まで。二人が捕まえてくれたの?」

「まあ、な。逃げられそうになったが」

「ありがとぉ。凶悪犯だから、早く捕まえなきゃって急いでいたんだけど」
まだ、肩で息をしている。

「解決したから、落ち着け。それより、王族の護衛に回っていたって聞いたが?」

「そうなの! その人ね、大胆にも王の寝室に入ろうとしてね、返り討ちに遭ったの。逃げている拍子にアチコチの屋台を潰して回って」

こんな俊敏なヤツを追っ払うとは、この国の王様は、腕が立つようだ。肝も据わっている。

「トウタスが助けてくれたんだ。彼がいなければ、取り逃していた」
カミュが、オレの肩に腕を回す。

「ばっふ!」

カミュの言葉を聞き、セェレは軽く噴射した。
噴火レベル二ってところか。

「美少年二人の息のあったプレイ! ああ、神よ! どうしてわたしに、それを見る機会を与えてはくださらなかったのか!」

お前がそんなんだからだよ。

「その子は、この間助けた子?」
「ああ。タマミってんだ。孤児だって言うから、オレが引き取った」
セェレは、タマミと同じ高さまでしゃがんだ。
「わたしはトウタスの幼なじみでセェレです。よろしく、タマミちゃん」

「タマミです。おにいちゃんの妹です」
丁寧に頭を下げ、タマミも挨拶をする。

「そうなのね、こいつ見た目より強がりだから、目を離しちゃダメよ」
「うんっ」

お前ら、何を言って!

「じゃあ、わたしは賊を引き取りますから」
他の騎士団と共に、セェレは立ち去った。賊を王の直属兵に引き渡す。

兵隊の一人がこちらを見た。
何が不思議なのか、首をかしげている。
側にいるセェレに話しかけた。

何故か、セェレがあたふたし始める。
何を焦っているのか、何かを説明しているかのようだが。
また、兵隊がこちらを振り返るも、今度は引き下がる。

オレの服の裾を、タマミが引っ張ってきた。
「いまの人、だあれ?」
心なしか、タマミは頬を膨らませているようだ。
「お兄ちゃんのおよめさんこうほ?」

「違うな。あいつは男同士の恋愛以外に興味ねえから」
「だよね。お兄ちゃんには、カミュおやぶんがいるもんね」
頬を染めながら、タマミはにこりと微笑む。

お前も、そっち方面の道へ進む気か?

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く