話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ゾンビ大移動

城で夜を明かした後、朝食の席に並んだ。

「どうじゃろう、お主ら、ワシの城で住まぬか?」
あっけらかんと、ハイモ卿は切り出す。まるで、帰省した孫に「もう一晩泊まって行け」といった風に。

「よろしいのですか?」
思わぬ提案に、カミュも遠慮がちに尋ねた。

「この位置なら、フェロドニアもカルンスタインもカバーできようぞ。何より、部屋が余って仕方ないのじゃ」

子分ゾンビが増え、屋敷が手狭になってきたので、ちょうどいい。
ゾンビのメイドもいるので、タマミの負担も軽くなるだろう。

「いいじゃねえか、カミュ。お言葉に甘えようぜ」
「そうだね。屋敷の主人には申し訳ないけど」

オレたちは、拠点をヘルツォーゲンベルク城へと移動した。

この際だから、ヘルツォーゲンベルク近隣のモンスターも、移動がてらに倒すことに。

オレたちは早速、手近な巣に直撃した。
モンスターたちは何事かという顔になる。すぐにオレたちを敵と認識し、モンスターたちは沈潜体勢を取った。

「おらあ、キャンデロロに従うモンスター共! まとめて片付けてやるぜ!」
剛毅ビシャモンを発動するまでもなく、敵を一掃する。

その後も、手下になったゾンビを先導し、巣を潰して回った。
屋敷に戻りつつ、着々とリ・ッキの戦力を削いでいく。

屋敷の主人である死霊のため、フェロドニア出身のゾンビたちには残ってもらう。もし、フェロドニアで動きがあれば、奴らが対処する。

「じゃあね、幽霊さん」
最後まで残って掃除をしていたタマミが、手を振って屋敷を後にした。

帰りは別のルートから回る。
道沿いにあるモンスターの拠点を潰すために。

タマミを含めたゾンビ大移動を終えて、兵隊の数を確認する。
「えらい数じゃのう」

オレの仲間たちは、いつの間にか一〇〇〇を超えていた。

ゾンビ四五〇。
スケルトンは三五〇だ。
死霊だけでも二〇〇はいる。

連れてきただけでこれだ。
屋敷にはまだ沢山のゾンビや死霊が溢れている。

「そうじゃ、こやつらはワシが鍛錬してしんぜよう」
「いいのかよ?」

「どうせ退屈するじゃろうて。それに」
めざとく、ハイモ卿はゾンビたちの様子を伺っていた。
「身体が鈍っているようじゃし。ここはひとつ、老体に鞭打って、鍛錬に励もうではないか」

ありがたい。オレだけではトレーニングにならなかった。
「よっしゃ、お前ら。たっぷりしごいてもらえ」

「へい、トウタスアニキ、カミュのオヤブン」

また、アニキと呼んでもらえる日が来るなんて。

「お前らの仕事は、そうだな。屋敷を元に戻すか」

「足下を固めるんでやすね?」「さすがっすアニキ」「よく考えてらっしゃる」

ゾンビたちの賞賛のそこそこに、オレは壁の修繕に取りかかる。

「手伝おうか?」
「いや。カミュはオヤジとゾンビのトレーニングをしてやってくれ」

カミュに労働させるなんてとんでもない。

「ボクはヴァンパイアだから、見た目より力はあるけど?」
「力だけじゃ、修復作業は難しい。ここはオレに任せてくれ」

「分かったよ」
残念そうに、カミュは去って行く。

「おやおや、随分と熱心ですね」
サティが様子を見に来た。コイツに会うのは久しぶりな気がする。

「久しぶりだからな」

このような仕事は、異世界に来る前にもやっていた。
組の屋敷の補修はオレの役割だったから。
よく銃弾の刺さった壁などを直していたな。

「おにいちゃん、わたしは?」
「タマミ、お前はこいつらに飯を作ってやってくれ」
「分かった! 待っててね!」

こうして、ものの数日で、ヘルツォーゲンベルクは元の輝きを取り戻した。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く