話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

リ・ッキの目的

「いや、一理ある。魔王サイドからすれば、納得いかないことダラケだろうが」

本来、魔物が納めるべき土地に、人が住み着いている。

「確かにね。けれど、いいんだ。父亡き後、偉大なるカルンスタイン城跡が、人の手に渡ったのは、きっといいことなんだよ」
魔族王の娘が、王都の姿をそう語った。

「じゃが、カルンスタインは現在微妙な立ち位置にいる。隣国の存在じゃ」

カルンスタイン国は、魔物の人間が共存する、平和な街だとか。
一方で、隣国は、一つの神以外は認めず、異教徒狩りが盛んな国である。
オレの村を襲ったのも異教徒狩りを装った犯行では、と聞かされていたが、コイツらのことだったのか。

「奴らの狙いは、人と魔物とが住まう街を異分子として、正当な理由の元に排除する点にある」

そうして、自らが崇拝する神の存在を、世に知らしめようとしているという。

「何が正当な理由だ! 要はシマの拡大が目的じゃねえか。身勝手だ!」
オレは、テーブルに拳を叩き付けた。

「しかして、妙な話よ。お主の村へは、カルンスタインどころか、フェロドニアさえ通り越す必要がある。いくら小さき村とはいえど、そんな面倒な手段を経て襲うじゃろうかのう?」

「そこは、ボクも引っかかっていました。何か裏がありそうだ」

ハイモ卿とカミュが推理をし合う。
二人の結論からして、リ・ッキが隣国のせいにして、村を襲ったのではないかと。

「ありえるな。それなら、簡単に隣国とカルンスタインを緊張状態にできる」
「戦争状態にまで持ち込めば、カルンスタインを容易く落とせるだろう。

だが、カルンスタインは動かない。
多分、カミュたちと同じ考えに到達したのではないか。

そこで、ヤツは二の矢を放つつもりだ。

「もうすぐ、先の王の鎮魂式典が行われる。魔物ながら英雄である、先カルンスタインの霊を鎮める為じゃ。この時期に毎回行われる。今年は没後一〇〇周年じゃ。盛大になるじゃろう」

「その式典に、隣国の暗殺者が送り込まれるのでは、と」

暗殺者だと?

「それを仕掛けているのが、リ・ッキだと?」

無言で、カミュは頷く。

おそらく、政治的な混乱を招き、一気に戦局を有利に進めようと。
ふざけんな。絶対阻止してやる。

「だが、本当にいいのか?」
「ボクだって、半分は人間なんだ。他の魔族がどう思おうと、ボクはあの地を支持するよ。ただね」

カミュが目を険しくさせる。

「許せないことが一つだけある。リ・ッキがまた、この地を争うとしていることだ。せっかく人が魔族を恐れなくなっているのに、リ・ッキは再び恐怖でこの地を支配しようとしている。そうなれば、またカルンスタインは絶望の代名詞となる。それは、絶対に阻止すべきだ」

「ああ。落とし前を付けさせようぜ、カミュ」
オレは、胸元で拳をパンと叩く。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く