話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

王都の謎

夜、ヘルツォーゲンベルク城内の食堂にて、食事会が開かれた。

「いやあ、帰ってきたぞい。ワシの嫁ー」
ハイモ卿が、抱き枕を抱えながら食卓に着く。

「抱き枕って、ミイラの事かよ」

ハイモ卿が頬をすり寄せているのは、いわゆる聖遺物だ。
包帯でグルグル巻きにされ、抽象画のようなデザインのイラストが表面に書かれている。かろうじて人の絵だと分かる程度だ。

「よい表情をしておるじゃろ? 砂漠大陸から発掘した猫神『バスティア』たんの力を受け継いだ、女王のミイラじゃよ」

いい顔をしながら、ハイモ卿はコレクションを愛でる。

オレの知っている抱き枕とは違う。
これを抱いて寝るのか。なんて罰当たりな。
まあ、コレクションが戻ったんだからいいか。

豪華な食事が用意されたが、個人的にはタマミの家庭料理が恋しい。
オレはシチューと白飯でいいんだよシチューと白飯で。

「しかして、お嬢」
「申し訳ありません、今は」

カミュが話を遮ると、ハイモ卿は「うむ」と、察したように続ける。「すまぬ。今は、カミュ坊じゃったのう。隣国とは未だ緊張状態なのは知っておるな」

「はい。王都がピンチの状態であるとは掴んでいます」
「だとしたら、向かわねばならぬ。決断の時じゃ」

オレには分からない事情があるようだが。

「なあ、カミュ。オレにも分かるように話してくれ」

水でノドを潤し、カミュはナプキンで口を拭く。
「リ・ッキの策略のせいで、王都が危機なんだ。ボクは王都を救う義務がある」
人間の味方をする。カミュは公言した。

「ボクは行く。王都、カルンスタインへ」
「そうだよ、カルンスタインってなんだよ!? カルンスタインって言やあ」

カミュの、カーミラの本名じゃねえか。

「王都カルンスタインは、母の一族が設立した王国なんだよ」
つまり、カミュは王家の血統を引き継いでいることになる。

魔物の住まう城、カルンスタインは、隣国とフェロドニアの境界線にあった。

フェロドニアも、かつては栄華を極めた王国だったという。
先王カルンスタインは、フェロドニアの王姫と出会う。それが、カミュの母親だ。

カルンスタインが人ならざるものと知り、王家は彼を排除しようとした。

そこへ、姫が盾になったという。
王家とも人とも争うつもりはないのだと。

姫の優しさに触れた先の王は、もう二度と人を襲わないようにと、魔物たちに約束をさせた。

だが、リ・ッキが台頭したことにより、魔物は人類を襲おうと画策し始める。

「カルンスタイン王が、リ・ッキと対決したのは、人々を守るためだったのじゃ」
話を、ハイモ卿が引き継ぐ。

しかし、王は敗れ、先王派の魔物は、フェロドニア付近に離脱せざるをえなくなった。
しかし、フェロドニアを戦火に包むわけには行かない。

その危機を救ったのが、大魔導師テムジンだ。
彼女によってリ・ッキは世界から追放された。

リ・ッキの気配が一時的に消え去った跡地に、人々は都を移設する。その名をカルンスタインとした。

現在、フェロドニアはカルンスタインの領地の一つとなっている。

「魔王の名を、土地の名前として冠したのは、敢えてその名を使い、平和の象徴とするためじゃ」
カルンスタインの名を聞いても、市民が誰も恐怖することがないように。

「酷いかい、人間の行いは?」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く