話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

デュラハンの嫁

「カミュから譲り受けた命だ。たとえ不死でも、ハートは熱く燃えてやがるんでい!」
言った側から、オレの膝がガクンと曲がった。
絶対防御の能力と言えど、撥ねられた圧力だけは相殺しきれなかったらしい。

「無茶をする! いくら不死の身体を手に入れたとは言え、無事では済むまい!」

バイクをふかし、デュラハンが息を吹き返す。まだ動けるのか。

「上等だ。根性見せてやるぜ!」
再び、剛毅ビシャモンを発動させる。
今度は、甲羅シールドを「被った」。

「ヌハハハハ! 起死回生の策があると思いきや、土下座とはのう! まあよい。己の未熟さを詫びて果てるがよい!」

勝利を確信し、デュラハンがオレをひき殺そうとした。
だが、できない。甲羅シールドに足を取られ、ウィリーする。
「あ」
デュラハンのバイクが、天高く舞い上がった。壁をも走るバイクと言えど、空中にいては。

「カミュ、タイヤの隙間を狙え!」
オレの言葉を瞬時に推理したのか、カミュの行動は早かった。サーベルをバイクの車輪、その隙間へと滑り込ませる。

ガキン! という音と共に、バイクが一回転した。

バイクから引き離され、デュラハンが胸から落下する。

ハイモ卿の首も、床に転がっていった。

「おのれ、人類の叡智を」
「ハイモ卿! 今は、ボクたちが争っている場合ではないのです!」

「ぬう、かといってお主を見逃せば、嫁の命が!」

「嫁? 奥様は、ずっと前に亡くなられたではありませんか」

「いや、抱き枕なんじゃが」

カミュは、ワケが分からなくて首をかしげた。
だが、姐さんのレクチャーを受けたオレなら分かる。
『嫁』の意味が。

「その抱き枕って、イラストが書かれてあるだろ?」

「左様じゃ! 尊いのじゃ!」
中学生のガキみたいに、そのビジュアルがいかに素晴らしいものか演説を始めた。

「貴公の首を差し出せば、嫁を帰してくれると約束してくれた!」

「人質ですか? 卑劣な!」

「それゆえ、貴公に刃を向けざるを得ぬ。友人の忘れ形見とはいえ!」

とは言うが、もうバイクはない。デュラハンはうなだれる。

「おいおい、じいさん、こいつがどうなっってもいいのか?」

部屋の端から、眼鏡をかけたヒョロそうな男が現れた。
魔導師っぽい風貌だが。
手には、大きな袋を乱雑に掴んでいる。

「おお、それは抱き枕!」

「早くそのクルースニクをやっちまわねえと、火を付けちまうぜ!」
指先から炎を展開させ、抱き枕に近づけていく。

「おおおお! おのれ!」

デュラハンは、無理矢理バイクを再生させた。
だが、弱々しい。復元で体力を使い果たしたようだ。

「おっさん。あいつはオレに任せろ! カミュ、戦っているフリをしていてくれ」
サーベルを拾い、カミュはデュラハンと対峙する。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く