話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ヤクザ VS 首なしライダー!

王座の間は、何もかもが白く、当時の面影を残す者は何もない。一面の瓦礫だ。

その状態ですら勲章であると言わんばかりに、デュラハンは堂々としていた。鉄の乗り物にまたがって。

「よく来たな、カルンスタインのお坊ちゃん。いや、お嬢ちゃんと言うべきか」

「その声は、ハイモ・ヘルツォーゲンベルク卿ですか?」
「いかにも!」

一筋の光が、乗り物から放出された。
腕を顔の前にして、カミュは目を塞ぐ。

ワイバーンのサングラスのおかげで、オレは相手の乗る物体の正体を掴んだ。

あれは、ライトじゃないか。

「なんだありゃあ。この世界に、バイクだと?」

「左様だ。よく我が正体に気づいたな。異邦人か?」
バイクの先端部分にある生首が、口を利いた。両目から光を放ち、口の端をつり上げて。
またがるのは、首なしライダーだった。

「キャンデロロ男爵から譲り受けた神秘の技術、鉄の騎馬! とくと味わうがいい!」
デュラハンは、ウィリー走行で、オレたちを押しつぶしに掛かる。

二人して、横へ飛ぶ。

「おいおい、ひょっとして、親父さんの友人が、敵に回ったってことか?」

「多分。デュラハンって聞いた時点で。怪しむべきだった。ここを統治しているデュラハンは、ハイモ卿なんだよ」
カミュは、無念さを隠さない。

「おやめください、ハイモ翁。どうして、リ・ッキなんぞに!」

「ワシにもワシの事情があるのよ! 貴様らに恨みはないが、お命ちょうだい致す!」
爆音を上げて、ハイモ卿がバイクで突進してきた。

二手に分かれて、バイクを回避する。

どうやって動かしてやがるんだ? この世界にはガソリン、及びそれで動く乗り物はないはず。

「魔力石か。あの鉄の馬、車体の殆どを魔法金属で構成している。そこに自身の魔力を流し込んでいるんだ」

奴さんは、魔法使いタイプってわけだな。

壁を駆け抜け、バイクが向かってきた。なんて器用な。

攻撃もダメ、回避も困難だ。オレたちは、逃げ惑うしかない。
「調子に乗りやがって!」

オレが銃で相手を狙う手を、カミュが掴んだ。
「ダメだ。ボクは手出しできない。何か、理由がありそうだ」

父親のダチには攻撃できないか。

「そうと決まれば、消滅しねえ程度に痛めつける!」
「よせトウタス、ハイモ卿が死ぬかも知れない!」
「けどよ、このままじゃやられちまう!」

言い争うオレたちの間を、ハイモ卿が突撃してきた。
「作戦会議などさせぬぞ、若造共!」

すかさず、オレはカミュに飛びつく。カミュを抱きかかえながら、押し倒す形に。

かつてのダチのガキですら容赦なしかよ。
なら、こちらも手加減はしねえ。

「カミュ、オレに任せてくれ」
腹をくくった。こうなったら、半殺しだ。
「できるのか?」

「できるさ。オレのジンギなら」
立ち上がり、オレはジンギを切った。

「ジンギ 剛毅ビシャモン!」
前面に、甲羅のバリアを張る。

「そんな盾なんぞ役に立たぬ!」

「それはどうかな?」
オレは、バイクの突撃を正面から受け止めた。
オレの身体が吹き飛ぶ。
が、カウンターでドスをデュラハンの頭部にをぶっ刺した。

「ぬおおお!」
眉間から血を吹き出し、バイクが動きを止める。

「この剣の切れ味、亡霊銀ミ・スリラーか! さては貴様、不死の者!?」

「そんなに、亡霊銀って扱いが難しいのか?」
「武器の特性を知らぬのか。ミ・スリラーは、不死者でなければ真価を発揮できぬ。生者が扱えば、たちまち魂を抜き取られる」

そんなおっかねえ武器をくれたのか。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く