話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

デュラハンの正体

盗賊ギルドへ戻ると、ソフィーから重要な情報が。
フェロドニア騎士団を、魔物の住まう古城へ引きつけておいて、キャンデロロが動き出す、とのこと。

「ヘルツォーゲンベルク城跡を治めているのは、デュラハンだって。だけど、それ以上は分からないわ。デュラハンの指示で、モンスターが集まっていること以外は」

本来なら、騎士団も王族の護衛に当たらなければならない。
しかし、この事態も見逃せず、動けないのだとか。
「これは、急いだ方がいいね。奴らの作戦を引っかき回してやろう」
「よし。古城へカチコミだ! キャンデロロの息が掛かっている奴らは根こそぎ始末する!」

◇ * ◇ * ◇ * ◇

比較的少数のグループのみを連れていき、ザコ敵は彼らに任せた。

「散開!」

まずはゾンビグループを数名、先陣を切ってもらう。
剣や弓が、大量の魔物を屠って、屍の山を築き上げた。
ゾンビとはいえ、さすが元冒険者である。
魔物に恨みを持っている奴らばかりなだけあって、大した仕事ぶりだ。
しかも、カミュと杯を交わしているため、戦闘力は数倍に強化されている。任せていい。

「これじゃ、ゾンビじゃなくてエインフェリアだね。ボクたちに出番はないよ」
「だな。ここは奴らに働いてもらおう」

ザコを引き受けてもらい、オレとカミュ差しへ急ぐ。

「敵襲だ!」
ザコは、やはりグール共だ。ここも、リ・ッキの息が掛かった奴らの巣かよ。
「しゃらくせえ!」
剛毅ビシャモンを発動するまでもない。オレはグール相手にミ・スリラーの試し切りをする。
ほんのわずかな魔力を込めるだけで、ミ・スリラーの切れ味は増す。
しかも、切る度に相手の魔力まで奪っていった。
「すげえな、このドス。剛毅ビシャモンの節約にもなるぜ」
「バラドには金を弾まないとね」
まったくだ。

廊下に飾ってある、数メートルの石像が動き出した。
動く度に地面が響き、石の棍棒を振り回す。

「まだこんな奴らがいやがるのか!」
「そこだ、ジンギ・隠者レフトアローン!」

カミュは小手付きのサーベルを、指揮棒のように巧みに操る。
サーベルが、銃の形へと変化した。
銃口から、銀色に輝く光芒が伸びる。
カミュが魔力の光を撃ちだしたのだ。

胸を貫かれ、石像がピタリと動きを止める。

「心臓を狙うんだ、トウタス」
二発目で、カミュはまた石像を倒した。

「ジンギ・剛毅ビシャモン!」
ミ・スリラーの長ドスに、毘沙門天の力を流し込む。

豪腕から繰り出される棍棒を、長ドスで受け止めた。

さしもの石像も、人間に力負けするとは思っていなかったらしい。動揺の表情を浮かべた。

「おててがお留守だぜ!」
ドスで棍棒を止めつつ、ビシャモンの力を銃に込めた。至近距離で、敵の心臓部へ撃つ。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く