話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

シマはヘルツォーゲンベルク城

バーの地下に、新しいギルドができたと聞いたので、カミュと一緒に尋ねてみた。

「いらっしゃい」
取り仕切っているのは、ソフィーだ。

「あんた、指導者側に回ったのか」
「若手の育成をしているわ。鍵開けや毒見、隠密行為の」

相手はゾンビだが。

「ちょっと、そこっ! 昔の癖が抜けていないわよ。鍵穴じゃなくて、鍵自体にトラップがあるの! 鍵の方をよく見て!」

「あうー」
若きゾンビシーフは、鍵開けに悪戦苦闘しているようである。

「あの子、宝箱を開けようとして、手を吹き飛ばされたの。治療班を誰も連れてなくて、出血多量で死んだわ」

よく見ると、そのシーフは右腕と左腕が均一ではない。
誰かの腕を継ぎ接ぎしたらいい。

「ところで、新しい情報はないか?」

「これなんだけど」
ソフィーが見せた紙には、依頼内容が書かれていた。

「フェロドニアから海沿いに東へ行った辺りに、ヘルツォーゲンベルク城跡があるの。そこにモンスターが集結しているらしいわ。魔物と街とで大きな戦が起きるんじゃないかって」

騎士団が警戒しているが、数が多すぎて攻めあぐねている。

「ヘルツォーゲンベルク城を、魔物が占拠しているのか」
カミュが、険しい顔になる。
「ありがとうソフィー。行こうか、トウタス。古城へ」
話を聞いた足で、カミュはすぐに討伐依頼を受けた。

「妙にやる気を出してるじゃねえか。いつも慎重なのに」
「ボクの父上と、ヘルツォーゲンベルク卿は懇意にしていたんだ。時々コレクションを見せ合いっこしていたそうだよ」

だが、カミュが生まれる前になくなったらしい。
コレクションも、カルンスタイン伯爵が預かった。

「父の友達は、ボクの友達だ。友達の家がモンスターに荒らされているなんて許せない」

「なるほど、カミュにとってその古城は『シマ』ってわけか」

「シマって?」
「縄張りのことだよ」

任侠って言やあ、縄張り拡大だよな。

「いっそ、勢力を拡大するか?」
カミュと組めば、きっとドデカい組織になる。

「ボクは、リ・ッキさえ倒せればそれでいいよ」

それもそうか。
オレだけ張り切っても仕方ない。
ここはカミュに従う。

「仲間はいいか? 攻めるなら大勢居た方が」

「彼らには、悪党共の始末を頼みたい。ボクたちがリ・ッキを追い詰めている間に、住民たちの安全もまもる必要がある」

今は貴重な兵隊を失いたくない。
大将の首を取って、ひとます奪還とするか。

「よっしゃ。そうと決まれば行くか」
「待って。その前に、バラドの店で準備しよう。もういい頃合いだろう」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く