話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

妹はネクロマンサー

屋敷に戻り、カミュは少女に服と食事を与えた。

服は、ブルーのワンピースである。
少女は一〇歳にも満たない。
カミュもそれを考慮して、子どもの頃に着ていた服を寄越した。

名前を聞いても、少女は首を振るのみ。
聞けば、番号で呼ばれていたという。ひどい話だ。

少女は、斜め上方向をキョロキョロとしていた。

「何してんだ?」

「幽霊さんとお話ししているの。この人たち、ここで死んだ人なの? 人が寄りつかなくなって寂しかったけど、お化けでも人が増えて賑やかになったねってお話ししてる」

「そっか。ここはさる大物貴族が余生を過ごしていた場所だ。彼が死んだ後、ここを買い取ったんだよ」

つまり、彼女にはその幽霊が見えると?

「お前、幽霊を話せるのか?」
ここに元いた老貴族どころか、さっき死んだ子どもたちまで集まっているとか。

「生まれてすぐに捨てられたの。怖いからって」

幽霊が見えるどころか、実体化も可能だという。
そのせいで、周りから恐れられ、捨てられたと。

「ドレイ商に拾われて、番号で呼ばれてた。また追い出されると思ったから、霊が見える力は伏せていたの。でも最近バレてしまって、別の人に売られたの。それがさっきの人」

カミュが倒した商人か。

魂を食われそうになったが、幽霊が身代わりになってくれたおかげで、彼女は生き残れたらしい。
その幽霊には悪いことをしたと、少女はしょんぼりした。
優しい子だ。

「で、カミュよぉ、どうするんだ?」
「孤児院か修道院に引き取ってもらうしかないね。キミのお友達の、セェレって子、シスターだろ? 彼女に仲介を頼めないかな?」

その方が幸せだろう。友達もできるかも知れない。

「話してみる。あいつは面倒見がいいから、断らないと思うが。ん?」

しかし、少女はオレの服を掴み、離そうとしなかった。

「分かった。ここにいろ」

オレが言うと、少女は目が明るくなる。

「ちょっとトウタス?」
やはり、カミュは反対してきた。

「オレが面倒を見える。養育費はオレの取り分から引いてくれ」

「そういう意味じゃなくて、ボクたちは仇討ちをしているんだ。一般人は巻き込めない!」

カミュの言い分はもっともだ。
オレたちの行いは危険が伴う。

「だからって、放ってはおけねえ!」

彼女は、オレに懐いている。
たとえ引き離しても、またここに戻ってくる可能性が高い。

オレとカミュの口論を止めたのは、意外にもサティだった。
「分かりました。面倒を見ればよろしい」

「サティまで!」

「ただし、ここに見合う能力があればの話ですが」

困り顔になって少女は俯く。
「お部屋のお掃除でもいいですか?」

「構いません。ただし、この一帯を一日でできますか」

「多分。えーい」
立ち上がった少女は、両腕を横に広げた。

木箱の中にしまわれていた掃除道具が、ひとりでに動き出す。
ホウキが床を掃き、雑巾が窓を磨き始めた。
天井までキレイにしていく。

「これは、ポルターガイスト現象かな?」

「うん。さっきできるようになったみたい。こうすればいいよ、って、幽霊さんたちが教えてくれたの。みんな、手伝ってくれるって」
部屋の掃除は幽霊たちに任せ、少女は自分が使った食器を洗う。

カミュがハッとした顔になる。

「そうか、トウタス、キミが杯で血を分けてあげただろ? その力だ」

どうやら、あの杯を少女にあげたのは、間違いじゃなかったらしい。

「もう結構です。あなたの力は十分、分かりました。ここに置いて差し上げます。お仕事は厳しいですが、ついてこられますか」

「はい。よろしくお願いします」
作業の手を止めて、少女はペコリと腰を折る。

こうして、少女はこの家に住めるようになった。

「よかったな。じゃあ、さっそく名前を決めるか」

オレは、彼女の能力を聞いて、一つの名前が頭に浮かぶ。

「タマミなんてどうだ?」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く